唯一無二の英雄マラドーナ 「神の手」と「5人抜き」…二つの伝説を生んだ“天才”の二面性

元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ【写真:Getty Images】
元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ【写真:Getty Images】

【サッカー英雄列伝】ディエゴ・マラドーナ(元アルゼンチン代表)――「史上最高」の称号を得た伝説の“問題児”

 サッカー界においてプレーでは「歴代最高」の評価すらあるスーパースターであり、ピッチ内外で「歴代最低」とすら言われるお騒がせの問題児でもある男――。そんな極端な二面性の持ち主こそ、アルゼンチン代表の“10番”として母国を1986年メキシコ・ワールドカップ(W杯)優勝に導いたディエゴ・マラドーナだ。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 1978年の地元開催W杯には、18歳にして最終候補まで残りながら落選したが、翌年には日本で開催されたワールドユース(現・U-20W杯)で優勝とMVPを獲得して、文句なしのスターダムにのし上がる。

 その若者は82年のスペイン大会でW杯初出場を果たした。しかし、2次リーグのブラジル戦ではイライラを募らせて相手選手バチスタの腹部を痛烈に蹴り上げて当然の一発退場。このあたりから、世界的にもただ才能に恵まれた若きスターというだけでは済まされないキャリアを歩み始める。

 このW杯の後に、スペインの名門バルセロナに加入したマラドーナだが、後に「コカインを最初に使ったのはバルセロナにいた時」と告白したように、素晴らしいプレーとは裏腹に薬物疑惑が付きまとう存在になっていく。

 2シーズンを終えてイタリア南部のナポリへとキャリアの場を移すと、セリエA優勝に導くなど伝説的なプレーを披露する。今でもマラドーナのユニフォームを、本人の髪の毛とともに額縁に入れて飾るバーもあるほどだ。一方で、この治安が悪くマフィアのはびこる街で、マラドーナの薬物依存は深刻なものになった。

 それでも86年メキシコW杯では、3度にも及ぶドーピング検査で陰性。すべてをマラドーナに委ねるカルロス・ビラルド監督の方針で作り上げられたチームは、絵に描いたようなワンマンチームとして勝ち上がった。そして、準々決勝で対戦したのはマルビナス諸島(フォークランド諸島)を巡って紛争も起こした因縁の相手イングランド。その試合でマラドーナは、二つの伝説を作る。

 ペナルティーエリア内に走り込んだマラドーナのところへクロスボールが飛んだが、それは少し高すぎた。相手GKも出てくるなかで、マラドーナはスッと手を出してボールをゴール内へ“叩き込んだ”のだ。主審が見逃したこの一撃は、ゴールと認められた。のちにマラドーナは、アルゼンチンサッカー協会のインタビューで真相をこう語った。

「クロスボールが高すぎたことで、『これは届かない。もっと落ちてきてくれ』と願った。その時、アイデアが浮かんだんだ。『手と頭を使おう』ということだね。倒れ込んだ時、ボールがどこにいったかは分からなかった。ただ、それをネットの中に見つけた時、『ゴール! ゴールだ!』と叫んだよ。そうしたらセルヒオ・バティスタが、手で押し込んだのか聞いてきたから、『黙ってろ、そしてハグをしろ』と伝えたんだ。そして、みんなが抱きつき始めたよ」

 今でも「神の手」として歴史に残るゴールの4分後、今度はハーフウェーライン付近から一気にドリブルで敵陣を切り裂いたマラドーナは、GKまで全員をかわしてゴール。これもまた「伝説の5人抜き」として、サッカー史に残る。このイングランド戦は、マラドーナのキャリアにおける二面性を如実に表していると言えるだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング