「輝かしく見えた」 決定機演出の南野に英紙は一定評価「リバプールにエネルギーを注入」

アーセナル戦で途中出場したリバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
アーセナル戦で途中出場したリバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプールはアーセナルに1-2で敗戦 後半16分から出場の南野は果敢なプレーで存在感

 リバプールは現地時間15日、プレミアリーグ第36節でアーセナルと対戦し、敵地で1-2と敗れた。日本代表MF南野拓実は後半16分に途中出場し、積極的なシュートやゴール前で決定機を迎えるなど存在感を示したが、英メディアは一定の評価を与えている。

 第31節消化時点で30年ぶりのリーグ優勝を達成したリバプールだが、プレミア歴代最多勝ち点(100/マンチェスター・シティが2017-18シーズンに達成)の記録更新を目指していることもあり、ここまで大幅なメンバー変更には踏み切らず、アーセナル戦も負傷離脱中の主将MFジョーダン・ヘンダーソンを除く主力を送り込んだ。

 試合は前半20分に華麗な連携からセネガル代表FWサディオ・マネが押し込んで幸先良く先制するも、同32分にオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクのバックパスを奪われる形で失点を招くと、同44分にはブラジル代表GKアリソンが犯したパスミスからの流れで勝ち越しゴールを許した。

 勝ち点3を手にしたいリバプールは後半16分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノに代わって南野が投入される。同18分にはマネの縦パスから力強いグラウンダーのシュートを打ってゴールを脅かすと、同22分にはペナルティーエリア内で鋭い反転から決定機を迎えるも、相手DFに体をぶつけられシュートまでは持ち込めず。南野はファウルをアピールしたが、PK判定にはならなかった。

 最終的に初ゴールはお預けになったが、英メディアは途中出場の南野に一定評価を下している。英紙「デイリー・エクスプレス」は及第点の6点を与え、「輝かしく見えた。6ヤード(約5メートルの)の距離での決定機で問題が生じたが、彼はがっかりすることになった」と説明している。

 また、英地元紙「リバプール・エコー」は「投入直後にシュートをお見舞いし、リバプールにエネルギーを注入した」と、7点の高評価をもたらしていた。今季中に初ゴールを記録したいところだが、南野は残り2試合で結果を残すことができるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング