柏の“規格外FW”オルンガ、直面する「J1基準」の守備 技術&メンタル面で大化けなるか

柏レイソルFWオルンガ【写真:小林 靖】
柏レイソルFWオルンガ【写真:小林 靖】

【識者コラム】FC東京のコンパクトな守備に苦戦、3度のチャンスを決めきれず

 Jリーグ開幕からだいぶ中断期間が長引いたが、2節連続して柏レイソルのホームゲームを取材した。

 北海道コンサドーレ札幌を迎えた開幕戦は、復帰したJ1での戦いを占うには格好の相手だったが、攻撃面での長所を遺憾なく発揮して4-2と快勝。ただし札幌は、あまりに無防備なパフォーマンスに終始したので、第2節のFC東京戦こそが本当の試金石と言えた。

 結果的には、レフェリーのジャッジに伴い両チームの故障者の明暗などが微妙に影響したわけだが、アウェーのFC東京が戦術面で優位に立ち、1-0と僅差で制した試合となった。

 柏はヒシャルジソンをアンカーに配した4-1-2-3。ただし、クリスティアーノが故障でメンバーから外れたことが影を落とした。

 それに対しFC東京は、ディエゴ・オリヴェイラ、レアンドロ、アダイウトンがポジションチェンジを繰り返し、徹底して相手のアンカーに負荷をかけたので、ヒシャルジソンは開始7分にレアンドロの突破を止め切れずに1枚目の警告。さらに5分後にも後方からディエゴ・オリヴェイラの足をかけるファウルを冒しているので、柏はここで1人減っていてもおかしくなかった。結局ヒシャルジソンは後半15分に2度目の警告を受けて退場するのだが、前半のディエゴ・オリヴェイラへのファウルのほうが明らかに悪質で、逆にFC東京は序盤でエースストライカーを故障で失うことになったから「削られ損」の印象が残った。

 最終的にはFC東京が、長谷川健太監督の読み通りに「ポイントになると思っていたセットプレー」で先制し逃げ切るわけだが、必ずしもFC東京が効果的に崩していたわけでも、相手に隙を与えていなかったわけでもなかった。逆にホームの柏は、1人減ってからも攻勢に出て何度かチャンスを演出したのだが、エースのオルンガが3度のチャンスを決めきれなかったのが響いた。うち2度は江坂任から絶好のクロスが来て、頭で叩いたが枠を外した。また後半には得意のカウンターから単独でゴールに迫ったが、猛烈な勢いでカバーに入る森重真人と追走する渡辺剛からプレッシャーを感じて、肝心なフィニッシュがミスキックになった。

page1 page2 page3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング