メッシ、“コーチ無視疑惑”の波紋拡大 監督の“表情”に現地紙は注目「顔をよく見て」

バルセロナFWリオネル・メッシがアシスタントコーチを無視か【写真:Getty Images】
バルセロナFWリオネル・メッシがアシスタントコーチを無視か【写真:Getty Images】

サラビアコーチがメッシに指示を出そうとするも、見向きもせずに“無視”と指摘される

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間6月27日のリーガ・エスパニョーラ第32節セルタ戦(2-2)中に、キケ・セティエン監督の右腕であるエデル・サラビア・アシスタントコーチを無視したと報じられ、反響が拡大中だ。元スペイン代表GKは「選手は監督と話したいもの」との見解を示している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 メッシはウルグアイ代表FWルイス・スアレスの先制点を演出したが、自身はノーゴールに終わり、チームも終盤に直接FK弾を決められ、2-2の引き分けに終わった。

 ライバルの首位レアル・マドリードとの勝ち点差は「2」に広がる手痛いドローだが、後半の給水タイムにサラビアコーチがなんらかの指示をするためにベンチに近づいたメッシに話しかけたが、メッシは用が済むとすぐさま振り返ってピッチに戻り、見向きもしなかったとされている。

 スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は「サラビアがバライドスで被害を受けたメッシの苛立ち」と見出しを打ってレポート。「バルサのクラックは、水分補給による試合中断の時にセティエンの第2監督(アシスタントコーチ)が2度にわたって何かを言おうとした時に無視した。エデルが近づき、メッシが後ろを向いた。ルイス・スアレスが呼び、サラビアがもう一度メッシを探したがメッシは振り向くことさえしなかった。メッシは何か言っている。目の前でその様子を見ていたセティエンの顔をよく見てください」と伝えている。

 また、元スペイン代表GKサンティアゴ・カニサレス氏はスペインのテレビ番組「Vamos de movistar+」で選手としての経験も踏まえながら見解を述べた。

「選手というのは第一監督が話すのが好きなんだ。どれが理想的だとか正しいとかいうことではない。選手というのは第一監督が来てほしいもの。それがしなければならないことで、直さなければならない。第二、第三監督が来て何かについて話すことはあり、それはいいけど、でも第二監督が大きな形で主役を務めるというのは、決して選手は好きではない。それがチーム内で起きていることだ」

 メッシの意図は明らかとはなっていないが、レアルの後塵を拝しているチーム状況も少なからず影響しているのは間違いなさそうだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」