ウエスカ岡崎にスペイン紙が“満点”評価 ボレーで今季9点目…「ファン全員を興奮させた」

今シーズン9ゴール目を決めたウエスカFW岡崎慎司【写真:Getty Images】
今シーズン9ゴール目を決めたウエスカFW岡崎慎司【写真:Getty Images】

首位カディス戦で貴重な先制点も…終了間際に追いつかれ1-1ドロー

 スペイン2部ウエスカの元日本代表FW岡崎慎司は、現地時間24日に開催されたリーグ第35節カディス戦に後半途中から出場すると、今シーズン9ゴール目となるボレーシュートを突き刺した。試合は1-1の引き分けに終わったものの、現地紙では満点評価を受けている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 岡崎はリーグ再開後3試合のうち2試合でスタメン出場する一方で、過密日程を考慮し、この日はベンチからのスタートとなった。それでもスコアレスで迎えた後半13分に、試合を動かす役割を期待されてピッチに送り出されると、その7分後に左サイドのFKからボールがこぼれたところ、ゴールエリア中央にポジショニングした岡崎が反応良く右足ボレーシュート。これがゴールネットを揺さぶり、ウエスカにとって貴重な先制ゴールとなった。

 昇格争い真っ只中の4位につけるウエスカにとって、首位カディス相手に貴重な勝ち点3獲得に近づくゴールだったが、試合は後半アディショナルタイムに追いつかれてしまった。それでもスペイン紙「AS」は、試合採点で岡崎に途中出場ながら3つ星満点の高評価を与えている。

 マッチレポートでは「シンジ・オカザキのゴールはエンジと青(ウエスカのチームカラー)のファン全員を興奮させたが、アディショナルタイムに2ポイントを失う瞬間を見てしまった」と、岡崎が殊勲のヒーローになり損ねたことに言及している。

 首位カディスとの勝ち点差を詰め切れずに終わったのはウエスカにとって非常に痛いが、今季9ゴール目と二桁得点に王手をかけた岡崎の働きぶりは、リーグ最終盤を迎えるチームにとっては心強いはずだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」