なぜ4週間が4か月に? ドルトムントFWロイス、内転筋付近の腱断裂で今季終了の可能性

ドルトムントFWマルコ・ロイスに今季の復帰は間に合わない可能性【写真:Getty Images】
ドルトムントFWマルコ・ロイスに今季の復帰は間に合わない可能性【写真:Getty Images】

当初は内転筋の負傷とだけ診断も、腱断裂の大怪我だった可能性を「キッカー」誌が指摘

 ドルトムントのドイツ代表FWマルコ・ロイスは今年2月に負傷離脱した際、全治4週間と報じられていた。しかし、ブンデスリーガが再開して6月を迎えてもまだピッチに立てていない。ドイツ誌「キッカー」は、ロイスは今季中の復帰は間に合わない可能性を報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 今季のブンデスリーガは、首位バイエルンが2位のドルトムントに勝ち点差「7」をつけており、次節にも優勝が決定する。2月4日に行われたDFBポカール・ラウンド16のブレーメン戦で負傷したロイスの長期離脱が、ドルトムントにとって痛手となったことは間違いない。

 当初、ロイスは4週間の離脱と報じられていたが、新型コロナウイルスの被害拡大による中断を経て、リーグが再開した今も戦列に戻ることができていない。

 なぜ4週間の離脱のはずが、4カ月経った今も復帰できていないのか。記事によると、当初、内転筋を負傷したと報じられていたロイスだが、その負傷が実は内転筋付近の腱の断裂だったのではないかという。これにより、公式戦12試合を欠場することになったようだ。

 ロイスは4月、「リハビリは順調だ。コロナウイルスによる中断は、僕にとっては良かった。負傷を回復する時間が与えられたからね」と語っていた。しかし、実際には負傷は完治せず、リーグ再開後もピッチ上に彼の姿は見られていない。本来は完全休養を取るべきだったが、リハビリを行っていたことで回復が遅れたと「キッカー」は報じている。

 まだチーム練習には合流できていないロイス。今季、12得点7アシストを記録していたが、4試合を残してシーズンを終えることが濃厚なようだ。


(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ