レアル主将ラモスがトム・ハンクスに? 晴天下の“日光浴ショット”が話題「ターザン」

レアル・マドリードDFセルヒオ・ラモスが日光浴ショットを公開【写真:Getty Images】
レアル・マドリードDFセルヒオ・ラモスが日光浴ショットを公開【写真:Getty Images】

レアルの同僚たちだけでなく、ラ・リーガ公式アカウントも反応

 リーガ・エスパニョーラは、新型コロナウイルスの影響で中断していたシーズンの再開が6月11日に決定した。5月10日に練習をスタートしたレアル・マドリードは、6月14日のエイバル戦に向けてギアを上げている段階だが、主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが公式インスタグラムにアップした日光浴ショットが注目を集めている。

 レアルは6月14日にMF乾貴士の所属するエイバルと再開初戦で対戦予定。チーム練習をスタートさせてから4週間が経過しており、3カ月ぶりの公式戦に向けて調整を続けている。

 これまで軽快な動きを見せていた主将のラモスは、9日にインスタグラムへ晴天下で日光浴をしている写真をアップ。無造作に伸びた口ひげと顎ひげが目を引くショットに、サッカー界から続々と反応が寄せられている。

 同僚のブラジル代表DFマルセロが髭男の絵文字でコメントすれば、リーガ・エスパニョーラ公式アカウントは「ターザン・ラモス」と投稿。スペイン代表FWルーカス・バスケスは「Náufrago」(「キャスト・アウェイ」のスペイン語版名)と書き込んでいる。

 アドベンチャー映画「キャスト・アウェイ」は、飛行機墜落で無人島に漂着し、脱出を試みる物語だが、主人公を演じたトム・ハンクスが無人島生活で髪や髭が乱雑に伸びた姿が印象的。衛星放送「FOXスポーツ」ブラジル版公式インスタグラムは「セルヒオ・ラモスは『キャスト・アウェイ』のトム・ハンクスのように見える」と両者を比較するようにコラージュを作り、注目を集めていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング