まるでふれあい動物園? フライブルク監督、4位撃破の金星で“平手打ち未遂”の大興奮

興奮のあまり歓喜を抑えられなかったフライブルクのシュトライヒ監督【写真:Getty Images】
興奮のあまり歓喜を抑えられなかったフライブルクのシュトライヒ監督【写真:Getty Images】

4位ボルシアMGを撃破し、シュトライヒ監督がスタッフらと喜びを分かち合う

 ドイツ1部フライブルクは現地時間5日、ブンデスリーガ第30節本拠地ボルシアMG戦で1-0と勝利を収めた。4位の難敵を撃破し、ドイツ人指揮官は歓喜のあまりスタッフと抱き合いながら平手打ちを敢行。海外メディアも「安全な人間は誰もいない」と注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 新型コロナウイルスの影響で中断していたブンデスリーガは5月16日から再開。過密日程のなか、再開後2分2敗と未勝利だったフライブルクは、後半13分にイタリア代表MFヴィンチェンツォ・グリフォのピンポイントFKを、ドイツ代表FWニルス・ペーターゼンが頭で合わせて先制点にして決勝ゴールを挙げた。

 UEFAチャンピオンズリーグ圏内の4位につけるボルシアMGを撃破する金星に、クリスティアン・シュトライヒ監督は興奮を見せた。抱き合うスタッフの背中を叩いて喜びを表現したかと思えば、他のスタッフの頭を小突くように抱え込んでヒートアップ。さらに待ち構えていたコーチには冗談気味に右手で平手打ちを放ち、相手も警戒してガードを固めたほどだった。

 衛星放送「FOXスポーツ」オランダ版公式ツイッターは、「フライブルクは以外にもボルシアMGに1-0で勝った。歓喜のクリスティアン・シュトライヒ監督から安全な人間は誰もいない」と動画付きで紹介。コメント欄は「ハハハハ」「彼はカメラがあることを分かっているのか?」と爆笑が起こり、ドイツ誌「11freunde」は「ふれあい動物園じゃない:クリスティアン・シュトライヒは嬉しさのあまりアシスタントコーチを平手打ち」とレポートしていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」