小野伸二、AFC選定「アジアで最も偉大なエールディビジ選手」候補に堂々ノミネート

フェイエノールト時代の元日本代表MF小野伸二【写真:Getty Images】
フェイエノールト時代の元日本代表MF小野伸二【写真:Getty Images】

日本人選手として初の欧州タイトルを獲得した小野、韓国の英雄パク・チソンらが選出

 アジアサッカー連盟(AFC)は5日、「アジアで最も偉大なエールディビジプレーヤー」と題し、過去にオランダ1部でプレーしたアジア人選手を対象に“ベスト”の存在を決めるアンケートを実施。フェイエノールトでプレーした元日本代表MF小野伸二(FC琉球)もノミネートされている。

 1998年に浦和レッズでプロデビューを飾った小野は、2001年にオランダのフェイエノールトへ移籍。すぐさまスタメンに定着すると、2001-02シーズンのUEFAカップ制覇に貢献。翌年にはチャンピオンズリーグ予備予選で2ゴールを挙げ、本選出場に導くなど、主力として君臨した。

 フェイエノールト入り前の1999年7月、シドニー五輪アジア1次予選フィリピン戦で悪意に満ちたタックルを食らい、左膝靭帯断裂の重傷。オランダでも足首の故障や疲労骨折を経験し、2006年のドイツ・ワールドカップ出場を優先して日本への帰国を決断することになったが、在籍5シーズンで通算112試合19得点の数字以上にプレーで魅せた。

「トータルフットボール発祥の地で、影響力を持つ選手たちがキャリアをスタートさせた例が多いオランダは、誇り高き伝統を持つ国だ。この国はアジアの優れた選手を歓迎する歴史もある。我々のリストにはタイトル勝者や得点王が含まれているが、誰が『アジアで最高』の称号に値する?」

 AFC公式サイトはこのように触れ、オランダ1部エールディビジでプレーした経験を持つアジア人選手計9人を紹介。2001-02のUEFAカップ優勝、2002年AFC年間最優秀選手受賞を誇る小野は、「才能あるミッドフィールダーで、日本人選手として初めてヨーロッパのタイトルを獲得した。ベルト・ファン・マルワイク監督率いるフェイエノールトに加わった時、シンジ・オノが21歳だったなんて想像できない。19得点23アシストはファンの記憶に深く刻まれている」と称賛されている。

 他には、PSVで2度の優勝を果たすなど成功して世界的名門のマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した元韓国代表MFパク・チソン、2017-18シーズンのエールディビジ得点王に輝いたイラン代表FWアリレザ・ジャハンバクシュ、優勝計4回を誇る元オーストラリア代表MFジェイソン・クリーナらが候補にノミネートされている。

 AFCが選出した「アジアで最も偉大なエールディビジプレーヤー」候補は以下の通り。

ホ・ジョンム(PSV/1980~83年/通算77試合11得点/元韓国代表MF)
小野伸二(フェイエノールト/2001~05年/通算112試合19得点/元日本代表MF)
アリレザ・ジャハンバクシュ(NEC、AZ/2013~18年/通算112試合39得点/イラン代表FW)
ジェイソン・クリーナ(アヤックス、PSVほか/2000~09年/通算163試合16得点/元オーストラリア代表MF)
ファンディ・アマド(フローニンゲン/1983~85年/通算36試合11得点/元シンガポール代表MF)
パク・チソン(PSV/2002~05、13~14年/通算65試合13得点/元韓国代表MF)
レザ・グーチャンネジャード(ヘーレンフェーン、ズヴォレ/2005~09、16~18、19年~/通算82試合34得点/元イラン代表FW)
ブレット・ホルマン(NEC、AZほか/2002~12年/通算214試合39得点/元オーストラリア代表MF)
イ・ヨンピョ(PSV/2002~06年/通算81試合1得点/元韓国代表DF)

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング