「日本とは違う世界」 ベンフィカ日本人GKがトップチーム招集…欧州デビューへ期待

U-23ベンフィカでプレーするU-23日本代表GK小久保玲央ブライアン【写真:Getty Images】
U-23ベンフィカでプレーするU-23日本代表GK小久保玲央ブライアン【写真:Getty Images】

U-23日本代表GK小久保、ベンフィカのトップチーム招集でポルトガル紙も注目

 U-23日本代表GK小久保玲央ブライアンは昨年1月からU-23ベンフィカでプレーしているなか、欧州デビューに向けて着実にステップアップしているようだ。ポルトガル紙「A BOLA」は「日本人ゴールキーパーは、トップチームデビューを『夢見ている』と認めている」と報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 現在19歳の小久保はナイジェリア人の父と日本人の母を持ち、193センチの長身GKとして将来を嘱望されている。Jリーグの柏レイソルの下部組織で育ち、昨年1月に名門ベンフィカのU-23チームに加入し、23試合に出場。これまで年代別日本代表にも名を連ね、昨年12月にはU-22日本代表にも選出されていた。

 現在、新型コロナウイルスの蔓延によりリーグは中断されているが、シーズン再開に向けて動き出している。そのなかでポルトガル紙「A BOLA」は「小久保は、ここ数週間、Aチームに招集された8人の若手選手のうちの1人だ。日本人ゴールキーパーは、トップチームデビューを『夢見ている』と認めている」と伝えた。

 以前「トップチームと日本代表でプレーすること」が夢と公言していた小久保。「Aチームにいられるのは素晴らしいこと。オディッセアス、スヴィラール、ズロビンから多くのことを学んでいる。夢に向かって生活しているし、プレーしたい」と闘志を燃やす。

 ベンフィカには、ギリシャ代表GKオディッセアス・ヴラホディモス、U-23ベルギー代表GKミル・スヴィラール、ロシア人GKイヴァン・ズロビンらが在籍。小久保はトップチームデビューに向けて熾烈な争いを繰り広げている。

「ポルトガルは日本とは全く違う世界だけど、とても楽しんでいる。食べ物、人……ここにいるのが好きだし、ポルトガルにいられて幸せ」

 異国で充実の日々を送る小久保。近い将来、進境著しい逸材GKが欧州デビューを飾る姿が見られそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング