日本サッカーは“潜在能力”を引き出しているか 旧態依然とした指導で「消える才能」

プロ創設から急成長しをてきた日本のサッカー(写真はイメージです)【写真:高橋学】
プロ創設から急成長しをてきた日本のサッカー(写真はイメージです)【写真:高橋学】

【識者コラム】エリート育成に成果も…「楽しむ環境の整備」には疑問

 安倍晋三首相が高らかに宣言した。

「日本の感染症への対応は、世界において卓越した模範である」

 確かに感染者や死者などのデータを見れば、そう読み取れるかもしれない。だがまだ成功の要因は解明し切れず、海外は「ミステリー」だと眺め、内閣は支持率を下げている。少なくとも国民の大半は、施策が功を奏したとは見ていない。

 さて日本サッカーもプロ創設から四半世紀ほどで、世界に例を見ない急成長を見せた。1998年フランス大会からワールドカップには皆勤状態を保ち、欧州へ進出して活躍する選手も増加傾向にあり、日本代表、さらには五輪代表でも中核を成すようになった。

 つまり現場の多大な努力が実り、エリートの育成には成果を上げている。だが反面、子供から大人までサッカーを楽しむ環境が整い、潜在能力を引き出し切れているかと言えば疑問が残る。

 かつてある強豪高校の元監督に体験談を聞いた。大学の体育会でフィジカルに自信があった彼は、新卒で私立高校の監督を任せられた。大きな責任と重圧を感じ、連日選手たちを叱咤し長時間のトレーニングに取り組ませた。だがそれでも全国制覇を繰り返す伝統校には歯が立たなかった。

 そこで「もうこれ以上しごけない」と従来のやり方に疑問を覚え、ブラジルから指導者を招聘する。途端に短時間集中型のゲーム中心の練習に変わり、選手たちは楽しく取り組み、空いた時間には個々が課題に取り組むようになった。結局チームは高校選手権でベスト8に進出し、準々決勝では優勝校に1点差と肉薄した。

 当時1年生には、後にJ1でレギュラーとして活躍する選手がいた。しかし身体の小さな彼は、フィジカル中心の長時間練習では完全に埋もれてしまっていた。ブラジルのコーチが来なかったら「きっと辞めていた」と述懐している。一方でそれを吐露してくれた勇気ある元監督も、「あの練習では、彼の技術的な良さが見えてこなかった」と反省している。

 日本もプロができて、特に少数精鋭のJクラブなどでは指導方法やコンセプトも整理されてきた。だが反面、日本では中学、高校と進むにつれクラブの数が減少していくので、大半の選手は部活で育っていくことになる。そして多くの強豪校では、依然として3ケタの大量部員を抱え、旧態依然のふるい落としなども行われている。

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング