「小さな天才」久保建英が最新“後継者” 「新メッシ」歴代14人特集…日本人2人選出

(左から)イ・スンウ、久保建英、ボージャン・クルキッチ、宮市亮【写真:Getty Images】
(左から)イ・スンウ、久保建英、ボージャン・クルキッチ、宮市亮【写真:Getty Images】

かつての新メッシ候補として「日本の神童」宮市も選出 「イングランド挑戦で…」

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、史上最高の選手の1人と評されるなか、これまで様々な逸材が後継者として浮上した。英サッカーサイト「90min」フランス語版は「“新メッシ”と言われた14人の選手たち」の特集を組み、日本人プレーヤーが2人選出されている。

 記事では2006年以降に「新メッシ」と呼ばれた歴代の有望株たちを年代別に紹介。最初に登場したのは元バルセロナのFWボージャン・クルキッチ(モントリオール・インパクト)だ。「2008年のユーロ2008に貢献していたかもしれないが、カタルーニャの神童は彼の肩にかかるメディアからの重圧を理由にルイス・アラゴネスの招集を断った」と記されており、徐々に表舞台から遠ざかった過去に触れている。

 2012年で紹介されているのが、スピードスターの元日本代表FW宮市亮(ザンクトパウリ)だ。「ガナーズ(アーセナル)で7試合出場しているが、日本人はイングランド挑戦で十分に真価を発揮できなかった。フェイエノールト移籍などを経て、日本の神童は現在、ブンデスリーガ2部で名を上げようとしている」と報じた。

 近年で言えば、2016年で韓国代表FWイ・スンウ(シント=トロイデン)、2017年でイタリア人FWピエトロ・ペッレグリ(モナコ)、2019年でアルゼンチン人FWティアゴ・アルマダ(CAベレス・サルスフィエルド)など、各国の逸材が並ぶ。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング