イカルディ、PSG残留“拒否”の姿勢貫く “お騒がせ妻”とともに希望はユベントスへ移籍

イタリアへの帰還を希望しているFWマウロ・イカルディ【写真:Getty Images】
イタリアへの帰還を希望しているFWマウロ・イカルディ【写真:Getty Images】

妻で代理人のワンダ・ナラさんとともにPSG完全移籍には合意しない方針

 パリ・サンジェルマン(PSG)に期限付き移籍中のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディは、あくまでもイタリア復帰を目指して買い取りオプションの行使を拒否する姿勢だという。イタリア衛星放送局「スポーツ・メディアセット」が報じている。

 イカルディは昨季に契約延長を巡って所属クラブのインテルと対立。その際に、妻であり代理人のワンダ・ナラ氏がSNSでクラブ批判を展開したことも大炎上した。結果的にイカルディは主将の座をはく奪された上に“干され”、シーズン前の移籍市場では公式に戦力外をアナウンスされた。

 インテルはイカルディに国内移籍を認めない方針だったが、ワンダ・ナラ氏がイタリア国内でレギュラー番組を持っていることもあり本人サイドは国内移籍を希望。結局、移籍市場の最終日にパリへの期限付き移籍が決まった。

 イカルディはPSGで得点力を見せているものの、その買い取りオプションの行使にはイカルディの合意が必要という条項があるとも報じられてきた。実際に、イカルディはあくまでもイタリア復帰を目指し、PSGへの完全移籍には合意しない方針であるとされた。

 イカルディ夫妻が目指すのはユベントス移籍であり、ユベントスはコロンビア代表MFフアン・クアドラードをインテルに交渉カードとして提示する可能性があるとされたが、インテルがイタリア国内移籍を認めるかは別問題だろう。

 お騒がせ妻の影響もあり迷走し始めた感のあるイカルディのキャリアだが、その希望が100パーセント叶えられるイタリア帰還は実現するのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング