ミランFWイブラ、来季去就はシーズン終了後に決断へ 現段階ではどのオファーも検討せず

ミランFWズラタン・イブラヒモビッチの今後はまだ決まらないようだ【写真:Getty Images】
ミランFWズラタン・イブラヒモビッチの今後はまだ決まらないようだ【写真:Getty Images】

ミランでは来季の監督人事を巡る内部対立が表面化 現役続行も不透明との報道も

 イタリア・セリエAの名門ACミランに復帰しつつも、クラブの内部対立によって来季が不透明な元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、シーズン終了後に全てを決める方針だという。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 イブラヒモビッチは、昨年限りで米メジャーリーグサッカー(MLS)ロサンゼルス・ギャラクシーとの契約が満了したタイミングで、古巣のミランにゼロ円移籍で加入した。そこには、強化部門の幹部にあったOBコンビ、元クロアチア代表MFズボニミール・ボバン氏や、元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ氏の尽力が大きかったとされている。

 一方で、ミランでは来季の監督人事を巡り内部対立が発生。経営権を持つ米ファンド「エリオット・マネジメント」とイヴァン・ガジディス最高経営責任者(CEO)の方針がOB2人と対立。結果的にボバン氏は解任され、マルディーニ氏もシーズン後の退団が濃厚とされる。

 一方で、イブラヒモビッチが加入以来、不振にあったミランを救う活躍を見せているのは純然たる事実。半年契約でシーズン終了後に再びフリーになるストライカーだが、ミランは現状で契約延長オファーを行っておらず、イブラヒモビッチも現在はどのクラブからのオファーも検討する段階にないと判断しているという。

 現在38歳のイブラヒモビッチは、現役を続行するか定かではないという報道もある。そのキャリアの行方に、再び注目が集まることになりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング