久保建英と“類似”の世界的スターは? 海外記者が力説「それが彼の辿るルートだ」

マジョルカMF久保建英のフィジカル面の長所と短所とは【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英のフィジカル面の長所と短所とは【写真:Getty Images】

現地取材の海外ジャーナリスト、久保のフィジカル的長所と短所に言及「彼の強みは…」

 マジョルカの日本代表MF久保建英は、リーガ・エスパニョーラ挑戦1年目の今季24試合3ゴール2アシストの結果を残している。現地で取材をしているジャーナリストのアレックス・フィッツパトリック氏が、海外メディア「Football Elements」の取材に応じ、日本の若武者と世界的アタッカーを重ね合わせ、「それが久保の辿るルートだ」と主張している。

 現在18歳の久保は、昨夏にFC東京からスペインの強豪レアル・マドリードへ完全移籍。シーズン開幕直後にマジョルカへ期限付き移籍し、徐々にパフォーマンスが安定し始めると、現地でも評価が右肩上がりとなっている。

「ラ・リーガTV」でマジョルカを取材しているジャーナリストのフィッツパトリック氏が、日本人アタッカーを分析。173センチ・63キロというフィジカル面の長所と短所について、次のように語る。

「彼の体格は弱点になり得る。彼がフィジカル的に弱いとは思わないが、それでも自分より6インチ(約15センチ)から8インチ(約20センチ)ほど大きく、体重差が20キロ近くある相手と戦えば、必然的に力で押し込まれる。ただし、それゆえ彼の強みは、俊敏性、素早い方向転換、スピード、回転数の早い走り、そして対峙した相手DFを欺く能力になるだろう」

 スペインで戦いながらフィジカル面でも成長を遂げている久保は、相手との競り合いで上回るシーンも増えている。進境著しい日本人MFを高く評価するフィッツパトリック氏は、続けざまにイメージが重なる世界的なアタッカーを名指し。「それが久保の辿るルートだ」と持論を展開する。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング