浦和主将・西川、活動休止に胸中吐露 「ボールを受ける機会がゼロに等しいと…」

「一人一人が危機感を持ってやることが、チームのレベルアップにもつながる」

「乾(貴士)選手のリフティング動画は異次元で、真似できないと分かっていますけど、ファンの1人としていつも楽しみにしています。また、岡崎選手のウォーミングアップからトレーニングまでの流れを紹介している動画はとても分かりやすいので、体幹トレーニングなどは真似をしていますね」

 西川も30歳を超えてベテランの域に入っているが、今季のJ1は降格チームが発生しないことがすでに決まっている。それだけに「自分が監督だったら、若手を使うチャンスだと感じると思う。一人一人が危機感を持ってやることが、チームのレベルアップにもつながる」との思いが、こうした状況にも自主トレを欠かさずに行う原動力になっているようだ。

 浦和はJリーグ全体を見ても多くのサポーターを抱えるクラブだが、「こうした時期だからこそ、多くの方に応援してもらっていることを実感する」と話す西川。「サポーターの皆さんとどうやったらコミュニケーションを取れるかなと、広報の方とも協力して考えていきたいです。そのことで僕らも元気をもらうこともあります」と、今後を展望。「今、大事なのは一人一人が健康でいること。必ずスタジアムで全力のプレーを見せるので、その日が来るまで健康に気をつけて一緒に頑張りましょう」とメッセージを送った。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング