名将ペップの母が新型コロナウイルスで死去 シティが声明発表「打ちひしがれている」

マンチェスターCのグアルディオラ監督【写真:Getty Images】
マンチェスターCのグアルディオラ監督【写真:Getty Images】

新型コロナウイルスの被害が深刻化するスペインで名将ペップの母が死去とマンC発表

 マンチェスター・シティは6日、ジョゼップ・グアルディオラ監督の母ドロルス・サラさんが新型コロナウイルスにより亡くなったと発表した。82歳だった。

 クラブは公式ツイッターを通じ、「マンチェスター・シティ・ファミリーはペップの母であるドロルス・サラ・カリオがバルセロナのマンレサで死去したというレポートに打ちひしがれている」と訃報を伝えた。死因は世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスとされている。

 スペインでは新型コロナウイルスで深刻な被害が出ており、感染者の数は約13万人、死者の数も1万2000人を超えたと報じられていた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング