久保建英はレアルでのプレーが「限りなく不可能」 厳しい“国籍問題”をスペイン紙指摘

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

レアルの外国籍枠の事情について分析「オーバーブッキングの問題を抱えることになる」

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、世界最高峰のリーグと言われるリーガ・エスパニョーラ挑戦1年目で24試合に出場して3得点2アシストと及第点の結果を残している。シーズン終了後には、保有権を持つ名門レアル・マドリード復帰やレアル・ソシエダへの再レンタルが囁かれるが、スペイン紙「マルカ」はレアルの外国籍枠の事情についてレポートしている。

 2019年夏にFC東京と契約満了となり名門レアル入りした久保は、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げると、一度はベンチ要員に降格するも再びスタメンの座をつかみ、ここまでリーグ戦24試合で3得点をマークしている。

 当然気になるのは、1年間のレンタルを終えた後の去就だ。マジョルカでのレンタル延長、レアル・ソシエダへの期限付き移籍、レアル復帰など様々な報道が飛び交っているが、「マルカ」紙は「マドリードでの“エクストラ”な問題と、クボにとってのミッション・インポッシブル」と題し、3人分しかない外国籍枠に対して6人の選手がいるとして分析を展開している。

「ジネディーヌ・ジダン監督は来季単に12選手を除外しなくてはならないだけではなく、最終25人のリストの中で何人かの選手の身分証明書を見なければならない。それぞれの年齢をチェックするのではなく、国籍を見るということだ。ヴィニシウス、ロドリゴ、ミリトン、ヘイニエル、クボ、さらに来季から外国籍扱いとなるベイルのこと。クラブ・ブランコがチーム構成でオーバーブッキングの問題を抱えることになる」

 記事によれば、ブラジル代表のFWヴィニシウス・ジュニオール、FWロドリゴ、DFエデル・ミリトン、U-23ブラジル代表MFヘイニエル、日本代表MF久保の5人に加え、イギリスのEU離脱により、「EU外」の扱いとなることが濃厚(英国政府とEUの交渉が年内に合意しなければ、21年1月1日に正式決定)なベイルがその対象だという。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング