仏代表FWムバッペ、詐欺事件の“被害”で訴訟 仮想通過の広告で名前と写真が無断使用

PSGのFWキリアン・ムバッペが詐欺事件に巻き込まれたそうだ【写真:Getty Images】
PSGのFWキリアン・ムバッペが詐欺事件に巻き込まれたそうだ【写真:Getty Images】

「数カ月で億万長者になれる」といった謳い文句が使用された広告に登場

 パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペが仮想通貨の投資に関する広告で名前を無断で使用され、詐欺事件に巻き込まれたとして訴えを起こしたとフランス紙「レキップ」が報じている。

 広告は仮想通貨による投資を訴求するもので、架空のインタビューという形でムバッペの名前や写真が無断で使用され、「数カ月で億万長者になれる」といった謳い文句が使用されていたようだ。

 ムバッペは詐欺事件に巻き込まれたとしてこれらを訴え、すでにフランス警察が調査を進めているという。スペイン紙「マルカ」によれば、金融市場局にはこれと同様のケースで2018年に1100件を超える訴えがあったとされている。

 なお、ムバッペは2019年にツイッターアカウントをハッキングされ、仮想通貨での送金を要求するようなツイートをされる詐欺被害にも遭っている。世界的なスター選手なだけに、その知名度を詐欺に悪用されるケースが増えているようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング