メッシの“後継者”となるのは? 各国リーグ得点王から17歳新星まで…候補7人を英紙選出

ファティ、ムバッペ、メッシ、ネイマール、サラー【写真:Getty Images】
ファティ、ムバッペ、メッシ、ネイマール、サラー【写真:Getty Images】

ネイマールやムバッペらに加え、バルセロナの17歳MFファティの名前も挙がる

 史上最多6度のバロンドール受賞を誇るバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。今年6月で33歳を迎える史上最高のプレーヤーの後継者となり得る選手は今のサッカー界にどれだけ存在しているのだろうか。英紙「デイリー・スター」は「リオネル・メッシの代わりになれるのは誰?」と題し、メッシの後継者候補としてスター選手7人をピックアップしている。

 7人の顔ぶれは実に多種多様だ。かつてはバルセロナでともにプレーし、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスを含めて通称“MSNトリオ”を形成したパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールを筆頭に、同じくPSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペ、“エジプトのメッシ”とも形容されることがあるリバプールのFWモハメド・サラーと各国リーグで得点王歴のある世界的なストライカーたちは順当に名を連ねている。

 さらに「バルセロナが目をつけていてもノーサプライズ」と言及されているリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ、イングランド代表期待の星であるドルトムントの20歳MFジェイドン・サンチョも選出された。

 その他には、メッシとポジションは異なるものの「違ったタイプのクリエイティブ」をもたらす存在として、マンチェスター・シティのベルギー代表FWケビン・デ・ブライネも名前が挙がった。

 バルセロナの中から後継者を挙げるとすれば、やはり忘れてならないのがU-21スペイン代表FWアンス・ファティだろう。昨年8月に彗星のごとくトップチームデビューを飾った17歳は記事でも「メッシの代役はすでにカンプ・ノウにいるかもしれない」と紹介されている。ファティは今季リーガとCLで計20試合(773分間)に出場し、5得点をマーク。次代のスター候補生として大きな注目を集めた。

 バロンドールを歴代最多6度も受賞するなど現代サッカー界の王様として君臨するメッシだが、その時代の終焉もいつかは必ず訪れる。その王位を継承するプレーヤーは、この中から現れるだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング