FIFAが3月と6月のW杯予選開催の延期発表 「すべての人々の安全と健康を守る目的で…」

FIFAが3、6月のW杯予選兼23年アジアカップ予選の延期を正式発表【写真:Getty Images】
FIFAが3、6月のW杯予選兼23年アジアカップ予選の延期を正式発表【写真:Getty Images】

対戦国同士で安全を確保したうえで合意し、FIFAとAFCが承認した場合は開催も…

 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、アジアサッカー連盟(AFC)との間で、3月と6月の国際Aマッチデーに行われる2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)予選兼23年アジアカップ予選の試合を延期することで合意したと発表した。

 新型コロナウイルスの影響を受けて延期が決まったAマッチデー期間は、3月23~31日と、6月1~9日までの2回。日本代表は3月26日にホームでミャンマー戦(豊田スタジアム)、31日にアウェーでモンゴル戦(MFFスタジアム)、6月4日にタジキスタン戦(ノエビアスタジアム神戸)、9日にキルギス戦(パナソニックスタジアム吹田)をいずれもホームで行う予定だった。

 一方で、対戦国同士で関係者の安全が基準を満たす形で確保されたうえで合意に至った場合は、試合を開催する可能性があるともしている。その場合は、FIFAとAFC双方の承認を得る必要があるという。そして、東京五輪の女子サッカー予選は6月に開催予定だった中国と韓国のゲームを除いて予定通り開催の見込みだとしている。

 また、9月以降のW杯予選のスケジュールについても「新型コロナウイルスに関連する状況を常に監視し、関係するすべての人々の安全と健康を守る目的によってさらに変更する必要があるかを判断する」と言及。現在進行中のW杯アジア2次予選に加え、アジア最終予選の日程にも影響を与える可能性が浮上している。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング