香川真司、ドルトムント時代のバス爆破事件を回顧 「僕はたぶんショック状態だった」

ドルトムント時代の香川真司【写真:Getty Images】
ドルトムント時代の香川真司【写真:Getty Images】

2017年4月、CL準々決勝モナコ戦前にチームバスが爆破事件の標的にされる

 スペイン2部サラゴサの香川真司は、ドイツ時代にドルトムントで7年間を過ごした。マンチェスター・ユナイテッド移籍前の第一期(2010~12年)は栄光に彩られた一方で、第二期(2014~19年)はレギュラー落ちも経験するなど浮き沈みが激しかった。そのなかで、2017年4月にはチームバスが爆破事件に巻き込まれるアクシデントが発生。同僚に負傷者が出る惨事を振り返り、「僕はたぶんショック状態だった」と英メディア「The Athletic」のロングインタビューで語っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 2010年、セレッソ大阪からドルトムントへ完全移籍した香川は、ユルゲン・クロップ監督(現リバプール監督)の下でブンデスリーガ2連覇を達成。その活躍が名将アレックス・ファーガソン監督に認められ、2012年に名門マンチェスター・ユナイテッド移籍を果たした。

 2年間の在籍後、2014年夏にドルトムントへ復帰。クロップ監督がチームを去った2015-16シーズン以降は厳しいポジション争いを強いられ、出場機会が徐々に減っていった。2019年1月にはトルコ1部ベジクタシュへ期限付き移籍となり、今季開幕前にはサラゴサへ新天地を求めたが、香川はドルトムント時代を「良い時と悪い時があった。僕はマンチェスターでの悪い時期から学び、それらは僕を強くしてくれた。僕はまだ自分のプレイと代理人のトーマス・クロートに自信を持っていた」と振り返っている。

 そして、記事では2017年4月11日に発生した衝撃の事件にも触れている。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝モナコとの本拠地第1戦直前、ドルトムントのチームバスが爆破事件の標的にされた。同僚のスペイン代表DFマルク・バルトラ(現ベティス)は爆破の衝撃で右腕骨折の被害を受け、1カ月以上も戦線離脱を余儀なくされた。香川は、時折言葉を詰まらせながら、慎重に言葉を紡いだという。

「(爆破の)大きな音がした。バスを降りるのが怖かった。マルク・バルトラがひどい怪我を負ったのを見て、ISIS(過激派組織『イラク・シリア・イスラム国』)だと思った。でもそうじゃなく、個人(の犯行)だった。選手たちは一致団結した。一緒に(翌日に延期となった)カップ戦に勝とうと。この出来事は決して忘れない。僕はたぶんショック状態だった」

 当時のブログでも「今も怖いです。本音いうとバスに乗るのも、試合に行くのも」と告白していた香川。今なお、辛い記憶として脳裏に焼き付いているようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「めちゃかっこいい」 J1鳥栖“限定スニーカー”デザインに絶賛の声、NB社とコラボの1足「配色かわいい」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」