サッカー界に革命か? 「5つの新ルール」テスト導入、海外注目「もし成功すれば…」

新ルールテストにより、今後のサッカー革命に繋がるかもしれない(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
新ルールテストにより、今後のサッカー革命に繋がるかもしれない(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

オランダユース年代で先行採用、「サッカー革命につながる可能性」を独紙指摘

 オランダサッカー協会(KNVB)がFIFA(国際サッカー連盟)から許可を得て、国内ユース年代での5つの新ルールがテスト採用される。ドイツ紙「ビルト」は「このテストはサッカー革命につながる可能性がある!」と報じた。

 サッカー界ではたびたびルール改定が行われているなか、オランダサッカー界で先行して5つの新ルールをテスト採用するという。ドイツ紙「ビルト」は「オランダでサッカーの未来が試される」と見出しを立てて報道。導入される「5つの新ルール」は次のとおりだ。

(1)キックイン:スローイン時、フリーキックのようにゲームを再開
(2)フリーキックのセルフパス:目の前にあるボールをそのままドリブル可能
(3)タイムペナルティー:2回目のイエローカードの軽重に応じ、2分、5分、10分と一時退場の時間決定
(4)完全プレーイングタイム:アメリカンフットボール、アイスホッケー、バスケットボールと同様、ファウルや負傷などで試合が一時中断した場合にその都度時計をストップ
(5)無制限の選手交代:各チーム90分間で3回の交代から無制限に変更

 記事では「最初にオランダのユース年代でテストされる。もし成功すれば、アマチュアリーグやカップ戦でも適用される。そして、おそらくオランダのトップリーグであるエールディビジでさえも」と指摘している。

 果たして、サッカー界に変革が起きるのか。新ルール適用に注目が集まりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング