マジョルカ久保が憤怒、ベンチ同僚抗議の“珍退場”に脚光「クボへのファウル疑惑に…」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

ヘタフェ戦で先発フル出場の久保、終了間際に倒されるも“逆ファウル判定”に同僚反応

 スペイン1部マジョルカは現地時間1日、リーガ・エスパニョーラ第26節でヘタフェと対戦し、ホームで0-1と敗れた。日本代表MF久保建英は先発フル出場を果たしたなか、終了間際に倒されたシーンを巡りベンチのチームメートが抗議し、連続イエローカードで退場処分となる珍しい光景が広がった。「クボへの笛が吹かれなかったファウル疑惑に猛抗議」とスペイン紙「ARA Balears」が伝えている。

 前節ベティス戦(3-3)で1ゴール1アシストと活躍した久保はヘタフェ戦で先発出場し、右サイドハーフで先発に名を連ねた。試合は膠着した展開が続くなか、後半22分に右サイドを突破され、ヘディング弾を叩き込まれた。

 劣勢のなかで存在感を放った久保だが、終了間際の後半44分に左サイドでドリブル突破を仕掛けた際、相手MFオゲネカロ・エテボに背後から押されて転倒させられた。しかし主審はファウルを取らず、逆に倒れた久保のファウルと判定した。不満を露わにした久保は、エテボが笑顔でハグしようとするも突っぱね、憤怒の表情を浮かべていた。

 この一連のプレーを受けてベンチも猛抗議。先発出場でベンチに退いていたFWクチョ・エルナンデスにイエローカードが提示された一方、MFサルバ・セビージャには連続イエローカードでまさかの“ベンチ退場処分”を受けている。この珍事を受けて、スペイン紙「ARA Balears」は「試合終了前、久保への笛が吹かれなかったファウル疑惑に抗議したサルバ・セビージャを、主審が退場させた」と報じた。

 久保はチャンスを作り出すなどインパクトを与えたが、敗れたマジョルカは依然として降格圏の18位と苦戦中。主力選手が珍退場となるなど、さらなる向かい風に晒されている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング