「日本人の激怒は正当」 久保、相手突っぱねる“不満爆発”を現地擁護「明らかなファウル」

マジョルカのMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカのMF久保建英【写真:Getty Images】

マジョルカは難敵ヘタフェに0-1敗戦 久保は先発フル出場も不発

 スペイン1部マジョルカは現地時間1日、リーガ・エスパニョーラ第26節でヘタフェと対戦し、ホームで0-1と敗れた。日本代表MF久保建英は先発フル出場を果たしたものの不発。一方、終了間際に倒されたシーンで、久保が相手に怒りを露わにしたことについて、現地メディアは「日本人の見せた激怒は正当なものだ」と指摘している。

 前節ベティス戦(3-3)で6試合ぶりに先発した久保は、1ゴール1アシストの活躍を披露し、勝ち点1の獲得に大きく貢献した。今季リーガとUEFAヨーロッパリーグ(EL)で旋風を巻き起こしている難敵ヘタフェとの一戦でも、右サイドハーフで先発に名を連ねた。

 試合は膠着した展開が続くが、後半22分に右サイドを突破されると、クロスからヘディング弾を叩き込まれ、結果的にこの1点が決勝ゴールとなった。ホームで手痛い敗戦を喫したなか、久保は後半44分に左サイドでドリブル突破を仕掛けた際、相手MFオゲネカロ・エテボに背後から押されて転倒させられた。だが主審はファウルを取らず、逆に倒れた久保の反則を取った。これに不満を露わにした久保は、エテボが笑顔でハグしようとするも、それを突っぱねる形で不満を爆発させていた。

 この場面に、スペイン紙「AS」は「久保がメレロ・ロペス主審に抗議した」と伝え、スペイン紙「ラ・バングアルディア」は「久保はエテボから明らかなファウルを受けていた」と主張。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」も、「マジョルカに明確な必要性があった。エテボは久保を押し倒した。日本人の見せた激怒は正当なものだ」と擁護していた。

 マジョルカは依然として降格圏の18位に沈んでおり、チームとして思うような攻撃を見せられていない。それだけに久保も、フラストレーションの溜まる状況であるのは間違いないだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング