浦和、シーソーゲームの末に開幕戦勝利! 関根が値千金の決勝ゴールで湘南を撃破

FWレオナルドらのゴールで浦和レッズが逆転勝利【写真:Getty Images】
FWレオナルドらのゴールで浦和レッズが逆転勝利【写真:Getty Images】

湘南に先制を許すも興梠、レオナルドのゴールで浦和が逆転

 2020年シーズンのJ1リーグは、21日に湘南ベルマーレがホームに浦和レッズを迎え撃った一戦で開幕。ゴールの奪い合いとなったゲームは後半40分にMF関根貴大が決勝ゴールを奪い、浦和が3-2で勝利した。

 今季から湘南は中盤の中央に3人が並ぶ3-5-2、浦和は長年の3バックから4-4-2にシステム変更したことがオフの話題になった。その両者の顔合わせで、序盤に主導権を握ったのは湘南だった。前半7分、浦和の右サイドでマークの受け渡しが混乱したところでフリーになった湘南MF鈴木冬一がフリーでクロスを上げると、センターバックの間でフリーになったFW石原直樹がヘディングでゴール。浦和在籍経験を持つ石原による古巣相手の一撃で湘南が先制に成功した。

 それでも浦和は徐々にリズムを取り直すと前半39分、DF山中亮輔の縦パスに抜け出したMF汰木康也が左サイドを突破。中央へのグラウンダーのボールにFW興梠慎三が飛び込むと、一度はGK富居大樹が弾き出したものの、興梠がそのまま押し込んで同点ゴールを挙げた。

 さらに浦和は前半42分、コーナーキックの2次攻撃で山中がアーリークロスを上げると、攻撃参加していたDF鈴木大輔の背後に入り込んだFWレオナルドが、相手マーカーに体を抑えられながらも“エビ反り”でヘディングシュートを決めた。今季J2アルビレックス新潟から新加入のレオナルドによるJ1初ゴールで、浦和が2-1と逆転してハーフタイムを迎えた。

 後半に入ると全体にボールの主導権は浦和が持ったが、再びサイドの甘さが顔を出した。後半20分、湘南は左サイドから鈴木冬が再びフリーでクロスを上げると、そこに中盤から飛び込んだMF山田直輝がヘディングシュートでゴール。石原に続いて古巣対決の選手がゴールを奪った湘南が2-2と追いついた。

 そして後半24分、湘南がゴール前まで攻め込んだ場面で相手をもつれ合った際に浦和DF鈴木大輔がボールを手で巻き込むようにしてピッチに戻した。リアルタイムではそのままプレーが流れたが、佐藤隆治レフェリーにビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の西村雄一氏からの助言が入り、映像確認をするオンフィールド・レビューが行われた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング