元英代表MF、“後輩”の神童サンチョを絶賛 「かつてのネイマールのよう」「無慈悲」

ドルトムントMFジェイドン・サンチョ【写真:Getty Images】
ドルトムントMFジェイドン・サンチョ【写真:Getty Images】

ハーグリーブス氏はサンチョの成功を確信「非常にスペシャルな選手」

 元イングランド代表MFオーウェン・ハーグリーブス氏が、ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョのパフォーマンスを昔のブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)のようだと絶賛している。英紙「デイリー・エクスプレス」が伝えた。

 母国ブラジルのサントスでブレイクを果たしたネイマールは、当時世界で最も注目を集めたティーンエイジャーだった。そして、スペインの強豪バルセロナへ移籍すると、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとともに「MSNトリオ」を形成。史上最強の3トップとして名を馳せた。17年夏に世界最高額で現在のパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍している。

 そんなネイマールと比較され、注目を浴びているのがサンチョだ。マンチェスター・シティ下部組織出身の19歳は2017年にドルトムントへ移籍すると、同年にさっそくプロデビュー。年々存在感を高めていき、今では主力の1人にまで成長している。

 ドルトムントは現地時間18日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、PSGとのホーム第1戦で2-1と勝利。ハーグリーブス氏は「サンチョのパフォーマンスは、かつてのネイマールのようだった。彼を止めることはできない。小切手を用意すべきだ!」と称賛した。

「間違いなく、誰かが彼と契約しなければならない。なぜなら、彼は非常にスペシャルな選手だからね。正しいタイミングで正確な位置にいる。彼はまだ19歳かもしれないけど、無慈悲なストライカーだ」

 サンチョには、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシー移籍の噂が浮上している。リバプールやマンチェスター・シティらの関心も集めているとされる注目のティーンエイジャーは、果たして来夏にプレミアリーグに復帰するのだろうか。


(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング