久保建英が途中出場も… マジョルカ、最下位エスパニョールに痛恨黒星で残留に暗雲

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

マジョルカは敵地でエスパニョールに0-1敗戦 勝ち点「18」で3チームが横並びに

 マジョルカは現地時間8日、リーガ・エスパニョーラ第23節でエスパニョールと対戦し、敵地で0-1と敗れた。日本代表MF久保建英は後半20分にリーグ戦4試合連続となる途中出場でピッチに立ったものの、得点は演出できず。痛恨の黒星で降格圏の2チームに勝ち点で並ばれる危機的状況となった。

 17位と降格圏が目前に迫るマジョルカは最下位エスパニョールとの下位対決を迎えた。一進一退の攻防が続いたなか、0-0で迎えた後半13分に相手FWラウール・デ・トマスのヘディング弾で先制点を与えてしまう。

 負けられない試合でビハインドを背負ったマジョルカは後半20分、接触で足を痛めたMFサルバ・セビージャに代えて久保を投入。リーグ戦4試合連続の途中出場で右サイドに配置され、同41分に左サイドから鋭いグラウンダーの折り返しでチャンスを演出するも得点にはつながらず、チームは無得点で敗れた。

 この日の黒星により、エスパニョールに勝ち点「18」と並ばれ、18位レガネスを含め、3チームが勝ち点で横並びに。残留に向けて暗雲が立ち込める状況となっている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング