仏代表MFポグバ、移籍金43億円の大幅ダウン マンUが213億円での放出を容認

フランス代表MFポール・ポグバ【写真:Getty Images】
フランス代表MFポール・ポグバ【写真:Getty Images】

昨夏の時点で移籍金256億円も、ユナイテッドが要求額を下げて放出ゴーサイン

 マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバは今夏の移籍が噂されているが、クラブは移籍金を値下げし、1億5000万ポンド(約213億円)での放出にゴーサインを出したと英紙「ザ・サン」が報じた。

 ポグバに対しては昨夏もビッグクラブからの関心が伝えられ、特にレアル・マドリードと古巣ユベントスが有力なクラブとして浮上していた。

 昨夏の時点で移籍金は1億8000万ポンド(約256億円)と伝えられているが、今夏にはそこから3000万ポンド(約43億円)ダウンの1億5000万ポンド(約213億円)で獲得できる状況になるという。

 記事では「ポグバはマンチェスター・ユナイテッドからゴーサインを出された。うんざりしたオールド・トラフォードの上層部が1億5000万ポンドでの売却を準備」と報じられている。移籍騒動に終止符を打つべく、クラブも決断を下したようだ。

 ユナイテッドは要求額を下げたようだが、それでもサッカー界屈指のビッグディールとなることは確実。今夏の移籍市場でもポグバの去就問題が大きな注目を浴びることになりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング