香川真司と久保建英、“スペイン初対決”の明暗 「サラゴサの祝祭」で上げた復活の狼煙

マジョルカMF久保建英とサラゴサMF香川真司【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英とサラゴサMF香川真司【写真:Getty Images】

【スペイン発コラム】新旧日本代表MFが国王杯で激突、開始直後から歴然だった差

 MF香川真司を擁するリーガ・エスパニョーラ2部のサラゴサと、MF久保建英がプレーする同1部マジョルカのカテゴリーの垣根を越えた“日本人対決”が、現地時間21日のスペイン国王杯ラウンド32で実現した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 サラゴサは週末の2部リーグ第24節ミランデス戦が大雨のため延期になっていた。そのため消化試合が1試合少ないなか、11勝6分6敗の勝ち点39で、1部昇格プレーオフ圏内の4位と好位置をキープ。中6日の日程で、このマジョルカ戦を迎えていた。

 一方のマジョルカは、19日のリーグ第20節でバレンシアと対戦。久保がリーグ戦で9試合ぶりのベンチスタートとなったなか、チームは強豪相手に4-1の圧勝を収め、降格圏からの脱出に成功した。しかしサラゴサ戦はマジョルカにとって、試合間隔がわずか中1日の53時間。さらにアウェーゲームで前日入りしているため、休みも準備時間もほとんどなく、非常にハードなものになっていた。

 この状況を受けてビセンテ・モレノ監督は、バレンシア戦でスタメンだったGKマノロ・レイナ、DFアントニオ・ホセ・ライージョ、DFルモール・アグベニェヌ、MFイドリス・ババ、MFサルバ・セビージャ、MFダニ・ロドリゲス、FWクチョ・エルナンデス、FWアンテ・ブディミルの8選手を招集外とし、大幅なターンオーバーを行う意図を明確に示していた。

 現地時間19時キックオフの試合は、直前まで降り続いた雨が止むなかでスタート。平日開催のカップ戦というただでさえリーグ戦よりも客足が遠のく状況に、寒空や試合前までの雨という悪条件が加わり、観客数はスタジアムのキャパシティの5分の1以下となる6000人を割っていた。

 サラゴサが14日のリーグ第23節ラス・パルマス戦(1-0)から先発7人を変更したのに対し、マジョルカはバレンシア戦からスタメンを総入れ替えして臨んだ。香川は公式戦3試合連続出場、久保は公式戦3試合ぶりのスタメンとなった。

 両チームともにリーグ戦を優先させ、大きくメンバーを落としたが、マジョルカのモレノ監督は普段、控え選手にほとんどチャンスを与えていないため、頻繁にメンバーを変更しているビクトル・フェルナンデス監督率いるサラゴサとの力の差は、キックオフ直後から歴然となった。

高橋智行

たかはし・ともゆき/茨城県出身。大学卒業後、映像関連の仕事を経て2006年にスペインへ渡り、サッカーに関する記事執筆や翻訳、スポーツ紙通信員など、スペインリーグを中心としたメディアの仕事に携わっている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ