香川真司、トップ下で躍動し1アシスト サラゴサ監督が称賛「加入してから最高の試合」

日本人対決を制したサラゴサMF香川【写真:Getty Images】
日本人対決を制したサラゴサMF香川【写真:Getty Images】

マジョルカ久保との日本人対決に3-1と快勝、フェルナンデス監督も香川に高評価

 現地時間21日に行われたスペイン国王杯3回戦で、ついに日本が誇るアタッカー対決が初めて実現した。サラゴサ対マジョルカで、それぞれのチームに所属するMF香川真司とMF久保建英がともにフル出場。特に香川は先制点に絡むなどの奮闘ぶりで3-1の勝利に貢献。スペイン紙「マルカ」によると、試合後にビクトル・フェルナンデス監督が「加入してから最高の試合だった」と称賛している。

 香川は4-2-3-1のトップ下、久保は2トップの一角とゴールに絡む仕事を期待されて起用されたなか、より多くの決定機に絡んだのは香川だった。前半23分に直接FKからクロスバー直撃の鮮やかなシュートを放つと、後半3分にはペナルティーエリア手前でボールを受けると冷静な判断力で右へとパス。レシーバーとなったMFアレックス・ブランコがマーカーをかわしてシュートを放ち、先制点をゲットした。

 先手を取ったサラゴサは後半9分、30分と攻撃に重心を置いたマジョルカの隙を突いて追加点をゲット。マジョルカは後半40分に右コーナーフラッグ付近で、久保のキープを起点に1点を返したものの、2部のサラゴサがスコア、内容ともに上回って勝利をものにした。この90分間についてフェルナンデス監督は、「大きな喜びだ。常にサッカーをしていくという姿勢で、とてもいいゲームを作り上げた」と話すとともに、香川についてもこのように言及している。

「香川はここに加入してから最高の試合をしてくれた。彼は時間を巧みに操った」

 自ら打開するだけでなく、周囲の味方を生かす連動性で経験値を見せた香川。移籍の噂が報じられることもあったが、指揮官にとっては大切な戦力として見られているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング