サラゴサ香川に欧州、中東、MLSクラブ接触も…「正式オファーなし」と地元紙報道

サラゴサMF香川真司【写真:Getty Images】
サラゴサMF香川真司【写真:Getty Images】

今冬の去就報道が過熱も…香川側は残留の意向と地元紙が伝える

 スペイン2部サラゴサに所属するMF香川真司は、現地時間11日に行われたスペイン国王杯のヒムナスティック・タラゴナ戦に先発フル出場し、3-1の勝利に貢献した。その一方で地元メディアでは去就を巡る報道が続いており、同日付のサラゴサ地元紙「エル・ペリオディコ・デ・アラゴン」は香川に対して多くのクラブから調査やコンタクトがあるものの、正式オファーは届いていないと報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 香川は2019年8月にサラゴサ移籍を果たし、憧れ続けたスペインの地に降り立った。開幕直後こそリーグ第2節ポンフェラディーナ戦(1-1)と第5節エストレマドゥーラ戦(3-1)でゴールを決めるなど活躍したが、その後は体調不良も影響して徐々に失速。年明け初戦となった7日の第22節スポルティング・ヒホン戦(2-0)でもベンチスタートとなっており、スペインメディアでは今冬の移籍市場での退団の可能性も報じられていた。

 そうしたなか「エル・ペリオディコ・デ・アラゴン」紙は、香川の「サラゴサでのレベルは期待されていたものではなく、クラブは日本人のトップ下選手が今月に出て行くのであれば容認すると認めている」と、周囲から厳しい視線に晒されていることを伝えたうえで、「しかしサラゴサは、これまで選手(香川)が出て行くべきだといったことは言っておらず、おそらく今後もそれはしないし、選手も今季終了まで続けていくのを諦めていない」と、あくまでも2021年まで契約を残す香川の意思次第であり、本人は残留の意向を示しているとしている。

 そんな香川のもとには「米MLS(メジャーリーグサッカー)クラブからの調査を受けており、またトルコ、ドイツ、フランス、ギリシャから同様のものがある」と、複数のコンタクトがあるようだ。しかしいずれも正式なオファーではなく、「現状で一番経済的に魅力的なものはカタールからとなっている」と伝えている。

 一方で同紙は、現在リーグ3位のチームが仮に来季1部昇格を達成した場合、現状のパフォーマンスでは香川の去就は不透明なものになると言及。「多くの試合で灰色の出来で、すぐにガソリン切れを起こした。だからこそ、そのレベルは次のシーズンに向けた計画を練り直すものになる」と、後半戦での復調がなければ立場は厳しいものになるとの見方を示した。

 スペイン1部でのプレーを目標に今季サラゴサ入りを果たした香川だが、現地での評価を一変させるパフォーマンスを見せチームを昇格へと導けるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」