南野、クロップ監督から受けた“初アドバイス”を告白 「記憶に刻まれているのは…」

ユルゲン・クロップ監督から新加入のMF南野拓実にアドバイス【写真:Getty Images】
ユルゲン・クロップ監督から新加入のMF南野拓実にアドバイス【写真:Getty Images】

練習初日でクロップ監督が南野に送った言葉 「誰に合わせてプレーすべきかなんて心配するな」

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間11日、プレミアリーグ第22節のトットナム戦(1-0)でベンチ入りを果たすも、出番は回ってくることなく、リーグ戦デビューはお預けとなった。

 1月1日付けでザルツブルクからリバプールに正式加入した南野は、5日に行われたFAカップ3回戦のエバートン戦(1-0)で新天地デビューを飾った。リーグ戦ではトットナム戦でベンチ入りを果たすも、出番は訪れなかった。

 そんななか、英紙「メトロ」は「南野が明かした練習初日にクロップ監督から受けたアドバイス」と見出しを打ち、チームに初合流した際にユルゲン・クロップ監督と交わしたやりとりについて、南野が「フランス・フットボール」誌に語ったコメントを紹介している。

「記憶に刻まれているのは、クロップ監督が練習初日に僕のもとへとやってきて、こう言ってくれたこと。『誰に合わせてプレーすべきかなんて心配するな。ザルツブルクの時と同じようにプレーすればいい。南野流で、だ。まずは楽しんでくれ!』」

 南野は今季ザルツブルク在籍時に、UEFAチャンピオンズリーグでリバプールと二度対戦したが、“要塞”アンフィールドで1ゴール1アシストを記録し、強烈なインパクトを残していた。クロップ監督もリバプールのスタイルに合わせるのではなく、ザルツブルク時代の持ち味を発揮してほしいと考えているようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング