U-23代表MF食野、“激戦区”シャドーで生き残りアピールの一発 「シュートは打ってみるもの」

特徴をアピールする一発も…課題は? 「真ん中3人に嫌がった自分がいた」

「ミスしても恐れず行くのが僕のスタイル。タッチが良くても悪くても1本決めれば勝ち。もっと決められる場面があったので次はそこに向けていきたい。ペナルティーエリアの左斜めのところは得意な角度なので、カットインしてシュートはずっと心掛けている。逆境でもシュートまで持っていけるようにもっとキレを増したい」

 東京五輪出場には厳しい道のりが待つ。シャドーは激戦区で今大会招集されていないG大阪・下部組織時代の同期MF堂安律(PSV)や、MF久保建英(マジョルカ)、MF三好康児(アントワープ)ら欧州でしのぎを削るメンバーがライバルとなる。自身は「アピールというより、チームが勝っていないので、意味がない。勝利につながるゴールを決めないと評価されないと思う」と話すものの、結果を残したことは大きな成果だ。

 もちろん課題も残る。1トップに入ったFW小川航基(ジュビロ磐田)との連係面は不安要素が残り、攻撃の回数を増やすことができなかった。得点シーンに関しても個人技で崩した一発で、右シャドーのMF旗手怜央(順天堂大)も加えた3人の連係は磨いていかなければいけない。

「僕とか(旗手)怜央くんが中央に入ってきて、細かくつないだ時はチャンスになっていた。チャンスの数を増やさないと得点機会も増えないので、そういう形を増やしていかないと。分析とは違って相手は5バックだったけど、(センターバックの)真ん中3人に嫌がった自分がいたので、もっと入っていかないと」

 昨年のJ開幕から約10カ月でU-23代表選手として期待される位置まで這い上がってきた食野。東京五輪本番まであと6カ月。この一戦を糧に再び上り詰めるはずだ。

(Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング