U-23代表MF食野、“激戦区”シャドーで生き残りアピールの一発 「シュートは打ってみるもの」

果敢にゴールへ迫ったMF食野亮太郎【写真:Getty Images】
果敢にゴールへ迫ったMF食野亮太郎【写真:Getty Images】

U-23アジア選手権初戦のサウジ戦、食野の同点弾で追いつくも終盤に失点して敗戦

 U-23日本代表は10日、タイで開催中のU-23アジア選手権で初戦のサウジアラビア戦に臨み、終盤に痛恨の失点を喫して1-2で敗れた。東京五輪イヤーの初陣だったが、序盤から押し込むサウジアラビアに苦戦。決勝トーナメント進出へ手痛い黒星スタートとなったなか、今大会唯一の海外組として招集されたMF食野亮太郎(ハーツ)が10番の責任を果たす同点弾を挙げた。激戦区のシャドー争いで自身のアピールには成功した。

 流れを変える一振りだった。1点を追う後半11分、左サイドでボールを受けた食野は迷わずに仕掛けた。中央へ切り込み、右足でシュート。強烈な一発は相手DFに当たってゴールに突き刺さった。代表初得点となる貴重な同点弾に思わずバンコクの夜空に向かって吠えた。

「角度はなかったんですが、打ってみようと思ったら入ったので、シュートは打ってみるものだ、と改めて感じましたし、あれが自分の特徴なのでこれからも続けたい。プレッシャーは感じていたので、決められて良かったと」

 背番号は「10」。唯一の欧州組として参加している。ガンバ大阪ジュニアユースからユースを経て2017年にトップへ昇格。主力として頭角を現してきた昨夏に、マンチェスター・シティへ完全移籍した。その後、就労ビザ等の関係からスコットランドのハーツへ期限付き移籍。年代別代表での招集歴もなかった男は、東京五輪へ向けて本大会メンバー入りを目指す立場まで上り詰めた。そして今大会与えられた背番号には重圧を感じていた。

「緊張はしていないけど、自分自身初めての国際大会で浮ついた部分もあって、そのせいで前半はタッチも乱れたりもした。それでも修正できるメンタルも身につけたので、去年で。そこに関しては問題ないと思う」

 強靭なメンタルはG大阪時代から変わらない。左サイドからのカットインで放つ右足からのシュートは得意な“食野ゾーン”。チャレンジして切り開くゴールは同じ大阪・泉佐野市出身で4学年上の日本代表MF南野拓実(リバプール)のような精神面の強さからなる。江戸時代に泉佐野市で栄えた豪商・食野家の末裔。昨年、J開幕時はG大阪U-23チームの一員としてJ3からスタートした。それでも、這い上がって夏には欧州移籍を実現。10月にはU-23日本代表に招集され、今大会では10番を付けた。挑戦し続けたからこそ、このゴールにつながった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」