19歳日本人MF、独1部クラブと“プロ契約” 家族の支えに感謝「完璧にサポートしてくれる」

母親は食事面でサポート「栄養に関するライセンスをドイツで取ってくれて…」

 アペルカンプの母は、息子のために自分ができることを探してサポートし続けていた。自分のサポートが負担にならないように、普段の生活の中で自分ができること。食事にもっと気をつけてあげたい。強い体、怪我をしにくい体を作るためにはどんな栄養が必要なのだろうか。一念発起して動き出した。

「普段の生活から栄養にはとても気を遣っています。お母さんが栄養に関するライセンスをドイツで取ってくれて、完璧にサポートしてくれているんです」

 温かい家族の支えがあったから、サッカーと学業に集中して取り組んでくることができた。一歩一歩、懸命に階段を駆け上がり、みんなの力で初めて勝ち取ったプロ契約だ。

 だが、ここがゴールではない。

「自分のU-19の監督も言っていました。『最初の契約じゃなくて、その次の契約がもっと大事だ』って。今、契約ができたからとリラックスできるわけではないですし、ここからが始まりなので……」

 アペルカンプはそう言った後、グッと顔を引き締めて続けた。U-23からトップチームへの壁を乗り越えるためには、まだまだ取り組まなければならないことがたくさんある。これまでプレーしていた年代別リーグではなく、U-23は成人男子4部リーグに所属している。元プロ選手もたくさんいる相手に大事な経験を積み、そこで身につけたものを実際のプレーへと還元していくことが求められる。

 ホッとしている暇はない。プロ契約を結んだものの、トップチームでデビューすることなく消えていった選手は多いのだから。だからといって、上手くいかなかったらどうしようと心配したりする必要はない。上手くいくために、まっすぐに正しい努力を重ねていくことが大切だ。

「試合に出るために毎日毎日100%で、監督にいいパフォーマンス、自分が出たいというのを見せないといけない。1%でも気を抜いたら、1%でも緩めてはダメなんです。今までより、もっともっとやっていかないと。頑張ります!」

 張りのある声で、アペルカンプは力強く答えた。無数の可能性の中から、どんな道を築き上げていくのか。自分を信じて、助けてくれる家族の支えを力に変えて、これからも前を向いて歩いていく。

(第4回へ続く)

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング