敏腕代理人ライオラ氏、ポグバの残留条件にCL出場権指摘 「世界のトップにマンUが必要」

マンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバ【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバ【写真:Getty Images】

レアルやユベントスへの移籍も報じられるなか、今季中はマンUでプレーすることを示唆

 マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバは、レアル・マドリード移籍の可能性が取り沙汰されている。代理人を務めるミノ・ライオラ氏は、「トッププロである彼の心は、マンチェスター・Uにとって正しいところにあると思う」と今季の残留を示唆した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 近年、移籍市場が開くたびにレアルやユベントスといったビッグクラブ移籍が噂されているポグバだが、最終的には毎回成立には至らず、ユナイテッドでのプレーが続いている。ポグバの代理人を務めるライオラ氏は、改めてチーム残留を明言するような発言を残した。

「これまでユナイテッドがポールを尊重している限り、ポールも常にユナイテッドを尊重してきた。今シーズンのポールは怪我に少し苦しんでおり、それが今の我々の主な関心ごとだ。ポールには一つ目標があり、それはユナイテッドで可能な限り機能すること。トッププロである彼の心は、マンチェスター・Uにとって正しいところにあると思うよ」

 一方で、「1年後にポグバをユナイテッドで見ることができるか」と問われたライオラ氏は、来季のプレーに関してはユナイテッド次第だという見解を示した。

「それは奇妙なことか? 私だけが心配していること? 所有者は心配していないのか?ユナイテッドを愛している人は、みんな心配していると思うよ。自分の選手としては心配だ。ユナイテッドのファンではないが、非常に直接的な意味で関心がある。オレ(・グンナー・スールシャール監督)の言うように、このクラブは過渡期を迎えている。彼は来年もチームで働いていると言う。彼にとって上手くいくことを望むよ。なぜなら世界のトップにユナイテッドが必要だからね。明らかなのは、彼らがそうあるべきだと思う場所にいないことだ」

 今季、ユナイテッドがCL出場圏内でフィニッシュすることができれば、ポグバが残留する可能性は高くなりそうだ。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング