「ちょっと比べられない」 19歳日本人MF、ドイツで挑む夢のブンデス出場と学業の両立

高まるブンデスデビューへの思いとギムナジウムの卒業試験

 その時点で、まだブンデスリーガでプレーできるレベルまできていたわけではないかもしれない。だが、フンケルは近い将来トップチームで活躍できるだけのものをアペルカンプの中に見た。他の選手にはない何かを――。だからこそ、DFBポカール1回戦のフィリンゲン、そしてブンデスリーガ開幕のブレーメン戦でメンバー入りをさせた。

 ブンデスリーガをテレビの画面越しにではなく、直に見る。そこの空気を肌で感じる。そこは、全く違う世界だった。

「めっちゃ違いましたね。ベンチの椅子の質とかも(笑)。全部レベル高いなと。もちろん、ベンチから試合を見ても、ちょっと比べられないですね。ベンチからすぐのところに、ブンデスリーガのピッチがあるというのを想像するともう凄い」

 アペルカンプは改めて思った。ここに立ちたい、と。実際にプロのプレーを身近で見て、臆する気持ちは全くなかった。むしろ気持ちは高まり続けている。

「もちろん(プロで)できるって思いはあります。何年後とかではなくて、できるだけ早く。試合には出られなかったけど、ベンチでもこのブンデスリーガの雰囲気を味わえたのは良かったです」

 早くあのピッチに立ちたいというはやる気持ちを抑え、アペルカンプは今、自分に必要なことと向き合い取り組んでいる。

 その一つが、学校をしっかりと卒業することだ。現在ギムナジウム(ドイツの中高一貫進学校)の最高学年にいるが、大学入学資格となるアビトゥーア(卒業試験)が4月にある。クラブもそれが終わるまでは、学業に集中できるようにと配慮してくれているという。

 選手のセカンドキャリアを大事に考えるブンデスリーガクラブでは、育成選手がサッカーだけではなく、学業や職業研修などにもしっかりと取り組み、生きていくための土台を築くことの大切さを伝えている。大事なことは本人も分かっている。でも、うずうずする気持ちを抑えることがもどかしくもある。

「先生はいつも『この時期はきつい』って言ってますけど、正直授業でそこまで感じてませんし、テストの結果も悪くなかった。全然やっていけている」

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング