“賢い選手”久保、クオリティーと向上心を監督評価 「必要としているものをもたらす」

マジョルカの久保(左)とモレノ監督【写真:Getty Images】
マジョルカの久保(左)とモレノ監督【写真:Getty Images】

モレノ監督は冷静な評価基準を求めつつ、”こういった選手を抱えるのは喜ばしい”と言及

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間21日のリーガ・エスパニョーラ第18節セビージャ戦(0-2)で何度も決定機を演出するなど攻撃を牽引した。7試合連続でスタメン起用した日本人レフティーに対し、ビセンテ・モレノ監督は「賢い選手」「大きな意欲を持っている」と評価している。

 7試合連続スタメンの久保は、早速前半3分に魅せる。元レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・レギロンを翻弄するドリブルからゴール前にラストパス。ターゲットとなったFWラゴ・ジュニオールは合わせるだけの絶好のシチュエーションを演出したが、まさかの枠外にシュートが飛んで先制のチャンスを逃した。

 前半20分に先制を許したマジョルカは、同43分にはFWアンテ・ブディミルが同点弾を決めたかに見えたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定によって取り消し。そして後半17分には、MFイドリス・ババがペナルティーエリア内でセビージャの選手の足を踏んだとしてVARでPK判定が下る。久保も抗議したものの判定は覆らず、アルゼンチン代表MFエネル・バネガに決められて万事休した。

 スペイン電子紙「Okdiario」は、モレノ監督が試合後の記者会見で語った内容を伝えている。

「タケについては1試合ごとの調子の上下について意見すべきではない。全体的な総括をするなら、彼は入った大会で良くなっている。とても若く、また他の選手と同じように避けられないことだが、レベルの劣る試合が出てくるのは明らか。先週末(セルタ戦)にそれがあった。

 しかし、我々に大きなものを与えてくれている選手だと思うし、いくつかの場面で我々が必要としているものをもたらしてくれ、今日の最初の決定機はタケの個人技からだった。彼については落ち着きを持っていなければならない。今後良くなっていくし、彼の一番良い面は賢い選手で人の話に耳を傾け、常に学んでいこうとする大きな意欲を持っていること。それは監督にとって、選手が持っているレベルや向上心とは別に、こういった選手を抱えるというのは喜ばしいこと」

 毎節、久保評を問われることに難色を示していたモレノ監督だが、ゲームを組み立てるうえで久保の存在は必然と不可欠になりつつあるようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング