異例の“2カ月遅れ”クラシコ 政情不安も…レアル監督「試合が行われると信じたい」

クラシコについて言及したジダン監督【写真:Getty Images】
クラシコについて言及したジダン監督【写真:Getty Images】

開催地バルセロナで再び大規模デモ? ジダン監督「人々はいいサッカーの試合を見たい」

 世界中が注目するバルセロナとレアル・マドリードとの「エル・クラシコ」が、現地時間18日に開催される。リーガ・エスパニョーラ第10節の延期分が年の瀬に組み込まれることになったが、本拠地カンプ・ノウがあるバルセロナでは政治運動が活発化する可能性があり、開催に影響を及ぼす可能性が指摘されている。しかし敵地に乗り込むレアルのジネディーヌ・ジダン監督は、宿敵との戦いにぜひ臨みたいと考えているようだ。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 当初の対戦予定日だった10月26日に、カタルーニャ州独立を支持する政党や支持団体などが大規模なデモをバルセロナで開催することを懸念し、クラシコが延期となる異例の事態となった。今シーズン序盤戦でやや出遅れた両チームだったものの、この時期から調子を上げ、首位と2位の直接対決となる産物があった一方、今回の対戦に向けて各団体が政治運動をする可能性も否定できない。

 しかしジダン監督は、ピッチ内にフォーカスすることを強調している。スペイン紙「マルカ」によると、監督会見でこのように話しているという。

「外野では多くの物事が取り沙汰される日になるかもしれないが、人々はいいサッカーの試合を見たい。それだけだ。最終的にはピッチで力を出さなければならない。試合が行われると信じたいところだ。私はそれ(政治運動)をするためにいるわけではない。仕事はピッチで何が起こるか、それを考えることなのだから。我々はクラシコをプレーできるのが楽しいんだ」

 10万人の敵地カンプ・ノウで戦うことは、レアルの選手に与えられる試練であるとともに、特権でもある。それを現役時代から実感しているからこそ、ジダン監督はクラシコでの対戦を熱望しているのだろう。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」