英2部ダービーの選手兼コーチで再出発 ルーニーがプレミア復帰に意欲「まだプレーできる」

ダービー・カウンティで選手兼コーチを担う元イングランド代表FWウェイン・ルーニー【写真:Getty Images】
ダービー・カウンティで選手兼コーチを担う元イングランド代表FWウェイン・ルーニー【写真:Getty Images】

米MLSのD.C.ユナイテッドを退団して母国イングランドの2部クラブで再出発

 イングランド2部ダービー・カウンティの選手兼コーチとなった元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは、再びプレミアリーグでプレーする野望を持っており、今でもトップリーグで戦えるクオリティーを持っていると考えているようだ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 2018年夏に米MLS(メジャーリーグサッカー)のD.C.ユナイテッドへ移籍したルーニーだったが、今年8月、20年1月からイングランド2部ダービーの選手兼コーチに就任することが発表された。

 1月から18カ月の契約が始まるため、母国イングランドでの“再デビュー”が近づくなか、ルーニーはエバートンを退団した2017年を回顧しながら、新たな野望を明かしている。

「僕はエバートンにいた時でもまだプレーできると感じていた。だけど、他の人々が退団について決定を下したんだ。今の僕の野望は、ダービーをプレミアリーグの舞台に戻すこと。上手くいけば、僕がプレーすることで彼らのためになるはずだ」

 今年10月に34歳となったルーニーだが、年を重ねてもプレーすることの意義についても自身の見解を示した。

「(元ウェールズ代表MF)ライアン・ギグスはプレミアで30代後半にプレーすることができ、(元イングランド代表MF)ギャレス・バリーは40歳になってもプレーしたいと言っていた。サッカーを理解することは重要だ。走り回ることだけではなく、頭を使って試合をするとかね。時に道に迷うこともある。なぜなら、何かをしたり、多くのゴールを取れていないから。でも、僕の周りに適切なチームがあれば、僕はまだプレミアでプレーできるんだ」

 イングランドでの再デビューが待つルーニー。かつての輝きを見せ、チームをプレミアに復帰させられるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング