バルセロナの17歳MF、違約金200億円超に引き上げ 次世代スターの流出阻止へ

バルセロナの新星MFファティ【写真:Getty Images】
バルセロナの新星MFファティ【写真:Getty Images】

出場機会を増やすMFファティ、CLでもデビューを飾り注目度も急上昇中

 バルセロナで今シーズン16歳ながらトップチームデビューを飾り、活躍している17歳のU-21スペイン代表MFアンス・ファティがクラブから“200億円超の値札”をつけられた。クラブ公式サイトが2022年までの契約延長を発表し、違約金が大きく引き上げられた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ファティは10歳だった2012年にクラブの下部組織に加入し育成されると、バルサBに所属する今シーズンからトップチームにも招集されるケースも増え、公式戦11試合に出場。408分間プレーし、オサスナ戦とバレンシア戦でゴールを決めた。またUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でもデビューを飾り、飛び級で東京五輪世代であるスペインU-21代表にも招集されて出場するなど、次世代のスターとして順調な歩みを進めている。

 ファティは現地時間3日にクラブオフィスでジョゼップ・マリア・バルトメウ会長や強化部のエリック・アビダルらとともに契約に臨んだ。2年半後の2022年6月30日まで期間を延長するとともに、さらに2シーズン延長するオプションも締結。そして違約金も当初の1億ユーロ(約200億円)から1億7000万ユーロ(約204億円)にまで引き上げられている。

 そしてこの契約は、バルサのトップチームにフルタイムで所属するプロ契約を締結した場合、違約金4億ユーロ、日本円にして約480億円もの金額を設定すると発表している。久々にバルサの下部組織から生まれたスター候補として、クラブ側は全力で守り、育てていく――今回の違約金設定には並々ならぬ意欲を感じさせる。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」