G大阪“オファー報道”の韓国代表MF、残留示唆? 来季「ACL出場を熱望」と心境告白

韓国代表でも活躍するFCソウルのチュ・セジョン【写真:Getty Images】
韓国代表でも活躍するFCソウルのチュ・セジョン【写真:Getty Images】

チュ・セジョン、Kリーグ最終節後に韓国メディアに明言 「ソウルの名に恥じない成績を…」

 J1リーグのガンバ大阪が、韓国代表MFチュ・セジョン(FCソウル)に獲得オファーを出したという日本発のニュースが、韓国内でも一斉に報じられている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 チュ・セジョンは、FCソウルでは中盤に欠かせない選手へと成長。特に韓国代表のパウロ・ベント監督からの信頼も厚く、昨年のロシア・ワールドカップ以降もコンスタントに選出されている。中盤でのハードワークだけでなく、正確なパスや視野の広さにも定評のある彼が、現在の心境を韓国メディアに語っている。

 スポーツ専門サイト「SPOTVニュース」は、12月1日に行われた大邱FCとの最終節終了後、チュ・セジョンに来シーズンのことについて聞いた。

 FCソウルはリーグ3位で終え、来年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得。3年ぶりのACL出場についてチュ・セジョンは「近年は出場できずに、とても悔しい思いをしていた。来年からはまた出場できるので、ACLでソウルの名に恥じない成績を出したい」と語っている。

 また、「ACLの優勝トロフィーはまだ手に取ったことがない。簡単なことではないが、来年はトロフィーを持ち帰りたい」と、来季はFCソウルでACLを制覇したいと明言している。

 チュ・セジョンは今季リーグ優勝できずに終わったことを悔やみ、来年ACLの舞台に立てることを楽しみにしている様子。現時点ではFCソウルでプレーを続ける決意は固そうだが、G大阪から実際にオファーが来ているとすれば、どのように受け止めているだろうか。

 Jリーグで成功を収めている韓国人選手は多いだけに、土壇場で日本行きを決断する可能性は十分にある。今後の動向に注目だ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(金 明昱 / Myung-wook Kim)

page 1/1

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  10. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」