久保が「危険なシーンをいくつも作った」 惜敗も敵陣で“輝き”…スペイン紙の評価上昇

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

レバンテに1-2敗戦も1ゴール演出 「素晴らしいパスを通した」

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間22日、リーガ・エスパニョーラ第14節の敵地レバンテ戦に3試合連続で先発出場。チームは1-2で敗れたものの、0-1で迎えた後半10分に同点ゴールを演出、終了間際には再三チャンスを演出するなど存在感を示し、スペイン紙「AS」も「久保が絡んで危険なシーンをいくつも作った」と一定の評価を与えている。

 久保は10日に行われた前節の本拠地ビジャレアル戦(3-1)で、待望のリーガ初ゴールをマークした後、国際AマッチウィークではU-22日本代表の一員として広島でのU-22コロンビア代表戦(0-2)に出場。代表招集による長距離移動を挟んだものの、この日もスタメンとして名を連ねた。

 左サイドハーフとして序盤から攻守に積極性を見せると、0-1で迎えた後半10分に輝きを放つ。相手のクリアボールをDFジョアン・サストレが奪うと、敵陣右サイドに回っていた久保がキープ。相手2人を引きつけると、フリーで駆け上がったサストレに縦パスを通し、そのクロスをMFダニ・ロドリゲスが決めて同点に追いついた。

 しかしマジョルカは、同28分に失点。再び1点を追う展開のなかで攻撃の中心となっていた久保は、レバンテが退場者を1人出すなかで終盤には何度もチャンスメイク。自らもアディショナルタイムに際どいシュートを放ってGKにセーブされたが、この際に相手のフィールドプレーヤーの手に当たったように見えたがファウルは取られず。そしてラストプレーでは久保のパスから味方が決定機を迎えたが、シュートはクロスバーに嫌われてタイムアップの笛を聞いた。

「AS」紙の採点では、勝利したレバンテのGKアイトール・フェルナンデスに両軍唯一の評価「3」が与えられ、久保は「2」でチーム最高タイとなった。試合レポート内では、「(後半)マジョルカは特に久保が絡んで危険なシーンをいくつも作った。日本人選手は攻撃を仕掛けビジャレアル戦のゴールを繰り返すよう狙ったが、上手くいかなかった。その後、すぐ素晴らしいパスをサストレに通しダニ・ロドリゲスが得点した」と、攻撃の中心として機能していたと綴っている。

 チームは今季アウェーで6戦全敗と、なかなか波に乗れないが、久保は惜敗のなかでも自身の評価を着実に高めたようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング