「レアル新時代の案内役」 久保の資質に英メディアも太鼓判「ジダン監督も幸せを実感」

マジョルカのMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカのMF久保建英【写真:Getty Images】

ビジャレアル戦で初ゴールを含む全3ゴールを演出する圧巻のパフォーマンスを披露

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間10日、リーガ・エスパニョーラ第13節のビジャレアル戦に先発出場し、リーガ初ゴールを含む全3ゴールを演出する活躍で3-1の勝利に大きく貢献した。英メディアは「レアル新時代の案内役となるポテンシャルを秘めている」と久保の資質に太鼓判を押している。

 今夏に期限付き移籍でマジョルカに加入した久保は、第5節ヘタフェ戦(2-4)で初アシストを記録するも移籍後初ゴールはこれまでお預けとなっていた。ビジャレアル戦では前半13分に鋭いフェイントからPKを獲得し、先制点を演出。さらに同21分に久保のヒールパスが起点となり、チームは2本目のPKを獲得してリードを広げた。

 1点を返されて迎えた後半8分、ついに待望の瞬間が訪れる。久保は右サイドから中央へ向かってドリブルで運んでパスを渡し、ペナルティーエリア手前にポジションを取ってボールを受けると、そのまま左足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右を射抜き、初ゴールを記録した。普段は冷静沈着な久保が、ようやく掴み取った初ゴールには力強い方向を見せ、喜びを爆発させていた。

 全3ゴールに絡む圧巻のパフォーマンスを披露した久保に対して、サッカーの母国も熱視線を送っている。英メディア「フットボール・ファンキャスト」は「レアル新時代の案内役となるポテンシャルを秘めていることはすでに認知されており、フロレンティーノ・ペレス会長は改革の幕開けを彼とともに迎えることを望んでいる」と取り上げている。

「ジダン監督も彼の並外れた活躍を耳にして幸せを実感していることは疑う余地もない。そして、最終的にはチームへの帰還を果たす必要性を訴えることだろう。もし彼がこのまま改善を継続すれば、彼がマジョルカから戻ってきた際、レアルは壮大な才能を手中に収めることになる」

 近年は選手の高齢化が問題視されているレアルだが、久保がマジョルカで結果を残し続ければ、早期にレアル復帰を実現させることも可能なのかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング