シティのペップ監督、注目のリバプール戦へ意気込み 鬼門の敵地戦…過去28試合で1勝

シティのペップ監督がリバプール戦へ意気込み【写真:Getty Images】
シティのペップ監督がリバプール戦へ意気込み【写真:Getty Images】

リバプールとの大一番を前にペップ監督が言及 「負けることを考えて行くわけではない」

 マンチェスター・シティは現地時間10日にプレミアリーグ第12節で首位リバプールとの大一番を迎える。アウェーでの一戦を前に、ペップ・グアルディオラ監督は「我々は負けることを考えてアンフィールドに行くわけではない」とこの試合に懸ける意気込みを語った。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じた。

 シティは11節終了時点で8勝1分2敗、勝点25の2位。一方のリバプールは10勝1分と無敗で勝点31を積み上げて首位に立っている。シティはリバプールとのアウェー戦では2003年以降の過去28試合でわずか1勝と相性の悪さが際立っている。鬼門のアンフィールドでの戦いを前に、ペップは自分たちが“アンダードッグ(勝ち目のないチーム)”ではないと主張している。

「クラブの外側の人間やメディアの人間は我々をアンダードッグだと呼ぼうとしている。私はそんなことを一度も感じたことはない。もちろん、彼らは我々よりも6ポイント上にいて、シーズンを通して素晴らしいプレーをしている。だが、私は負けることを考えながらアンフィールドに行くわけではない。キャリアのなかでそんな考えを一度ももったことがない。私は常に特別なことをしようと考えている。勝つチャンスを掴みにいく」

 ペップは相性の悪さを意識することはなく、勝利だけを目指して戦うと主張した。これまでの戦績については「アンフィールドでの戦いがどれだけ難しいかを示している」と語った一方で、「あまりアテにはしていない」と気にかけていない様子だった。

 世界が注目するこの大一番。シティは開幕から勢いに乗るリバプールに今季初黒星をつけることはできるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング