「ハッピーエンド」 フィテッセ加入の本田、険しき“就職活動”の決着に海外メディア注目

オランダ帰還を果たした元日本代表MF本田【写真:Getty Images】
オランダ帰還を果たした元日本代表MF本田【写真:Getty Images】

オランダ帰還を果たした本田 「欧州リーグに戦線復帰」「VVVで名を挙げ、日本で輝いた男」

 元日本代表MF本田圭佑は、現地時間6日にオランダ1部フィテッセと契約したことが発表された。11年ぶりのオランダ帰還を果たした本田に対し、海外メディアは「欧州リーグに戦線復帰」「ハッピーエンド」と報じている。

 今年5月にオーストラリア1部メルボルン・ビクトリーを退団した本田は、その後無所属の状況が続いていたが、10月30日にCSKAモスクワ時代の恩師でもあるレオニード・スルツキー監督率いるフィテッセの練習に参加していた。そして1週間のテスト期間を経て、正式に加入することが決定した。

 VVVフェンロに所属していた2008-09シーズン以来のエールディビジ復帰に、海外メディアも反応。海外サッカーサイト「Onefootball」は「本田圭佑が欧州リーグに戦線復帰」と見出しを打つと、オランダメディア「AD」は「スルツキー監督は本田の正式加入に向け、多大な努力を注いだ」と指揮官が獲得を熱望していたことを説明している。

 また、アルゼンチン紙「クラリン」は「ハッピーエンド」と表現し、自身の公式ツイッターなどを通して懸命な“就職活動”に取り組んでいたことを振り返っている。オランダメディア「NOS」は、「本田圭佑。VVVで名を挙げ、日本で輝いた男」と紹介している。東京五輪への参戦希望を公言している本田だが、オランダで再び旋風を巻起こすことができるだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング