マンUが来夏140億円オファー? イングランド19歳MFの獲得を検討と英紙報道

ドルトムントMFサンチョ【写真:Getty Images】
ドルトムントMFサンチョ【写真:Getty Images】

ドルトムントで輝きを放つサンチョ、マンUが獲得に本腰か

 今季のプレミアリーグで低調なパフォーマンスが続くマンチェスター・ユナイテッドは、来夏の補強ターゲットとしてドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョの獲得に本腰を入れるようだ。英紙「デイリー・メール」によれば、ユナイテッドは「1億ポンド(約140億円)を支払う意思がある」と報じている。

 マンチェスター・シティのユース出身ながら2017年にドイツの強豪ドルトムントへ移籍し、プロキャリアをスタートさせたサンチョは、昨季プロ2年目ながらブンデスリーガ34試合に出場して12得点を記録。今季もシーズン序盤から得点数を増やしておりリーグ戦で8試合3得点、19歳という年齢も加わって市場価値を一気に高めている。すでに多くのビッグクラブが獲得に関心を示しており、次の移籍先は注目の的となっている。

 そんなサンチョを兼ねてから獲得リストに上げていたとされるのが、シティの宿命のライバルであるユナイテッドだ。17年にわずか800万ポンド(約11億円)でシティからドルトムントに移籍したサンチョに対し、ユナイテッドはクラブ記録となる移籍金を支払う準備があるとしており、その額は1億ポンドに上るという。

 今年の8月にドルトムントは週給19万ポンド(約2600万円)の新契約をサンチョと締結したばかりだが、その金額でのオファーならば話を聞く用意があると同紙は伝えている。

 最近、プレミアリーグへの復帰について問われたサンチョは、「将来を語ることはできないが、僕は気にしていない。またリーガ・エスパニョーラのことも気にしていない。我々はまだ何も分からないよ」と言葉を濁していたが、ユナイテッドのオファー次第では来夏に移籍が実現する可能性があるのかもしれない。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング