「素晴らしい一手」 神童ムバッペ、“ほぼゴール”の絶妙ノールックヒールに海外脱帽

PSGのFWキリアン・ムバッペが技ありヒールパスで決定機を演出【写真:Getty Images】
PSGのFWキリアン・ムバッペが技ありヒールパスで決定機を演出【写真:Getty Images】

マルセイユ戦でゴールを背にしたまま、イカルディに絶妙なスルーパスを供給

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間27日、リーグ第11節で日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユと対戦。アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディとフランス代表FWキリアン・ムバッペがそれぞれ2ゴールを挙げ、4-0で快勝した。ゴールシーン以外に、20歳の神童FWが見せた華麗なバックヒールパスに注目が集まっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 PSGは前半10分にイカルディが先制ゴールを挙げると、同26分にもイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティのアシストからイカルディが追加点。アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアがムバッペの2ゴールをお膳立てし、4-0でライバルを退けた。

 そのなかでムバッペは得点だけでなく、テクニックでも魅せた。前半23分、味方から縦パスが入った瞬間、ゴールに背を向けた状態で左右からマルセイユのDFブナ・サールとDFブバカール・カマラがプレッシャーをかけに接近。すると、ムバッペはノールックでこのボールを右足ヒールで背後のスペースに流し、イカルディの決定機を演出した。シュートは相手GKステーブ・マンダンダのファインセーブに遭い、追加点とはならなかったが、華麗な技でホームのファンを魅了した。

 ドイツ誌「キッカー」は、「2-0になるべきだった! ムバッペがバックヒールでイカルディを走らせ、ボックス内で目の前にマンダンダ1人にさせる。アルゼンチン人の左足シュートはマルセイユGKの正面に」とテキスト速報。PSG公式ツイッターも、「ムバッペの素晴らしい一手。相手は危険を回避したが、ゴールを割る寸前だった」と伝えた。

 今季は負傷で出遅れたなか、天才ムバッペが一気にギアを上げてきている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」