元英代表DF、ポチェッティーノ体制のトッテナムを酷評 「サイクルが終わった」

キャラガー氏(右)がポチェッティーノ体制のトットナムを酷評【写真:Getty Images】
キャラガー氏(右)がポチェッティーノ体制のトットナムを酷評【写真:Getty Images】

キャラガー氏が不振のトッテナムに言及、フィジカル的にもメンタル的にも「十分ではない」

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」で解説を務める元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏は、マウリシオ・ポチェッティーノ監督率いるトットナムを「サイクルが終わった」と酷評している。英紙「デイリー・メール」が伝えた。

 昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準優勝のトットナムだが、今季は不振に陥っている。プレミアリーグでは9試合で勝ち点12の7位にとどまり、CLではバイエルン・ミュンヘン相手に2-7の大敗を喫した。22日のCLグループステージ第3節ではレッドスターに5-0と快勝したが、6年目を迎えたポチェッティーノ監督には逆風が吹いている。

「このトットナムのサイクルは終わったと思う」と語ったのは、元リバプールDFキャラガー氏だ。「このチームはリーグ戦やチャンピオンズリーグで優勝するに相応しいチームではない」と辛辣な意見をぶつけている。

「彼らは長いこと一緒に戦ってきたが、フィジカル的にも、メンタル的にも十分ではない。彼らはチャンピオンズリーグ出場権を手にしただけで、リーグ戦やチャンピオンズリーグで勝つことはないだろう」

 キャラガー氏は今のトットナムには、プレミアリーグやCLで優勝するのに十分なインテンシティーやメンタリティーが欠けていると指摘している。2014年に就任したポチェッティーノ監督の下でチーム作りが進められ、昨季CL準優勝までたどり着いたが、そうした好循環に限界がきているという。

 ポチェッティーノ監督は今の悪い流れを断ち切り、再び浮上することができるのか。アルゼンチン人指揮官は正念場を迎えている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング